F1グッズ

2013年08月27日

K.ライコネンの記録、スパで途絶える

 ロータスのキミ ライコネンがベルギーGPでリタイアし、連続入賞記録が27で途絶えた。現地時間(以下、現地時間)25日、『ロイター』通信が報じている。

 2年のブランクを経て昨年F1に復帰して以来、初のリタイアに終わったK.ライコネン。「ブレーキに問題があったから、続けても仕方がなかった。多くのレースで完走してきたし、信頼性はよかったよ。運はいずれ尽きるもので、それが今日だったってことだ」と語った。

 K.ライコネンは26周目、ファラーリのフェリペ マッサとの7番手争いでオーバーテイクを仕掛けたものの、ブレーキ中にコースを飛び出した。ミハエル シューマッハが2001年から2003年にかけて樹立した連続入賞24の記録を今季更新していたが、そのままピットに戻りマシンを降りている。チームは原因を調査している。

 ドライバーズランキングで2位につけ、過去4勝を挙げているベルギーGPに臨んだK.ライコネンは、レッドブルのセバスチャン ベッテルが優勝したレースを終え、63ポイント差のランキング4位に後退した。また、今回のリタイアでニック ハイドフェルドが持つ41戦連続完走の記録を上回ることができず、連続完走は38で終わることとなった。


posted by Ayrton at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。