F1グッズ

2013年08月28日

ミシュラン、タイヤ戦争と単独供給の両方を歓迎

 ミシュランは、F1でピレリと“タイヤ戦争”をするという考えを排除していない。

 フランスのタイヤメーカーであるミシュランは、2014年からのF1復帰に意欲をみせている。

 一方、現在のタイヤサプライヤーであるピレリは、F1の商業面を取り仕切るバーニー・エクレストンと大多数のチームとの間で契約を済ませているが、統括団体のFIAとはまだ同意できていない。

 そうしたなか、今週月曜日にミシュランのパスカル・クアスノンは、ライバルと競争することが条件との以前の考えを改める発言をした。
「我々は条件のひとつを変えた」と、クアスノンがフランス紙「Le Figaro(ル・フィガロ)」に語ったと、AUTOWEEKが伝えている。
「今は、独占的なサプライヤーになることも気にしていない」
「かなり興味深い技術的なチャレンジがあり、それへの準備もできている」

 ただクアスノンは、ミシュランが“タイヤ戦争”についてもオープンなままだと述べている。
「我々は、常に競争に興味があると言ってきた」

 彼は、ジャン・トッド率いるFIAとの交渉がすでに始まっていると述べている。


posted by Ayrton at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。