F1グッズ

2013年09月05日

J.バトン「ホンダが復帰するまでマクラーレンにいたい」

ジェンソン バトンは、少なくともホンダがマクラーレンのエンジンサプライヤーとしてF1に復帰する2015年までは、チームに留まりたいとした。現地時間(以下、現地時間)4日、『ロイター』通信が報じている。

 2009年王者のJ.バトンはまだ来季の契約を結んでいないが、チーム側も継続を望んでおり、残留は確実と見られている。J.バトンは、「僕は2015年にこのチームにいたい。重要な年だと思う。長年ホンダと働いていたから、この先また一緒にやれる日が来たらうれしい」と語った。

 フェラーリ移籍の憶測も飛んでいるJ.バトンだが、「僕は忠実だ。昔はそうじゃないこともあったけどね。小さなチームだと先が見えないから、もっといい方を探すのは間違いじゃないと思うんだ。でもマクラーレンみたいなチームだと、どのドライバーにとっても大きなチャンスだ。レッドブルがここ数年圧倒的なのはわかっているけど、それも終わる。数少ないトップチームに身を置いているなら、しばらくは動かないほうがいい。僕はここで大満足だしね」とマクラーレン残留に強い意欲を示している。

 J.バトンは来季、キミ ライコネンに次いで2番目の年長ドライバーとなる。


posted by Ayrton at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ドライバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。