F1グッズ

2007年03月31日

セパンテスト4日目

セパンテスト最終日はルノーのヘイッキ・コヴァライネンがトップに立ち、厳しいテストの後で希望を見いだすことができた。
2番手にはフェリペ・マッサが入り、コヴァライネンのトップタイムよりわずかコンマ1秒遅かった。
スーパーアグリのアンソニー・デビッドソンが驚くことに3番手に入り、チームが改善し続けていることを示している。
彼のタイムはトップの2人と約1秒差だった。
メルボルンでの開幕戦で厳しいデビューを飾り、昨日のテストでは最下位となってしまったコヴァライネンは、1分35秒767のトップタイムで持ち直すことができた。
また、メカニカルトラブルにより今週初めのテストを棒に振ったルノーチームにとっても満足のいく結果だった。
5番手にトヨタのフランク・モンタニー、6番手にBMWザウバーのニック・ハイドフェルドが入り、午前中に37周を走行したジェンソン・バトンが7番手となった。
マクラーレンのルイス・ハミルトンは8番手となり、午後からテストを引き継いだチームメイトのペドロ・デ・ラ・ロサは1分39秒303の最も遅いタイムを記録している。
セパン - マレーシア 30 03 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 H・コヴァライネン ルノー 01:35.767 55
2 F・マッサ フェラーリ 01:35.807 72
3 A・デビッドソン スーパー アグリ 01:36.787 68
4 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:37.002 104
5 F・モンタニー トヨタ 01:37.206 78
6 N・ハイドフェルド BMW 01:37.318 70
7 J・バトン ホンダ 01:37.326 37
8 L・ハミルトン マクラーレン 01:37.448 43
9 M・ウェーバー レッドブル 01:37.338 42
10 V・リウッツィ トロロッソ 01:38.542 56
11 C・クリエン ホンダ 01:39.176 25
12 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:39.303 24
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 22:58 | TrackBack(0) | F1レース2005[TV観戦] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。