F1グッズ

2007年04月04日

エクレストン 年間20レース開催の構想

バーニー・エクレストンは3日(火)、カレンダーのグランプリ数が現行より3戦増え、1シーズンあたり20レースになるかもしれないという構想を繰り返した。
「1シーズンのグランプリ数が20戦になるイメージは容易にできる。
メキシコやインド、ロシアになるだろう。
韓国はもうひとつの候補だ」
そう語ったエクレストンはナイトレース開催に加え、新たに都心でのレース開催の可能性も示唆している。
「ヨーロッパで適切な時間に中継放送されることになるから、アジアにとっても理想的だろう。
それに、サーキット次第ということは当然だが、(ナイトレースは)見ごたえあるものになると思っている」
レース増加についてチーム代表者たちは気が進まないようだが、エクレストンは「優れた国々でさらなるレースを行えば、彼らだってスポンサーを見つけやすくなるだろう」とコメント。
また、マニクールで行われる予定だった2008年フランスGPが開催危機に面している中、エクレストンは、F1はいずれの国にも独占されるスポーツではないと警告した。
「F1は国際的なスポーツ。
ある国にリンクされた選手権ではなく、世界選手権なのだ。
その基準が尊重されないのであれば、他の場所に移らなければならない」
[F1-Live.com]
posted by Ayrton at 21:38 | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa