F1グッズ

2013年10月22日

ホンダ、アロンソ獲得のためギャラを折半か

デンマークのタブロイド紙『Ekstra Bladet』は、マクラーレンとホンダの再ジョイント初年度にあたる2015年のエースにフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)を指名している。実際のところ、『Ekstra Bladet』の記事は多分に希望的観測が織り込まれたものだ。

しかし、ドイツ『Bild am Sonntag(ビルト・アム・ゾンターク)』紙の記事は、アロンソのマクラーレン行きを単なる憶測に留めない。

同紙によると、ホンダがアロンソのばく大な年俸をマクラーレンと折半する方向で了承したというのである。

このような話にも、フェラーリ代表のステファノ・ドメニカリは動じない。

「フェルナンド(アロンソ)を失う恐れなどない」と、ドイツ『Sport Bild(シュポルト・ビルト)』誌に語るドメニカリ。

「彼とは契約で結ばれているし、このあいだも残留の意志を表明している。われわれは相思相愛の間がらさ」

アロンソとフェラーリの契約は2016年のF1シーズン終了まで残っている。


posted by Ayrton at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ホンダF1[Honda F1] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。