F1グッズ

2013年10月29日

確信犯のドーナツターンにスチュワードから『お灸』

インドGPのレーススチュワード(競技審査委員)は、27日(日)に行われた決勝レース終了後、マシンを規定のパルクフェルメに移動させなかったとしてレッドブル・レーシングに対し2万5千ユーロ(約337万5千円)の罰金を科したことを明らかにした。

レギュレーションではチェッカーフラッグを受けたマシンは速やかにピットレーンに戻りそのままパルクフェルメに移動することが規定されているが、同チームのセバスチャン・ベッテルはメインストレートに戻って派手なドーナツターンを繰り返したもの。
ベッテルはこれがルール違反であることは最初から口にしていて、チャンピオンを決定したことによる意図的な行動であったことを窺わせていた。


posted by Ayrton at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | F1チーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。