F1グッズ

2013年11月27日

ウェバー(レッドブル)、F1最後のレースに「感傷」

2002年以来のミナルディ・チームからのデビュー以来、12年間走り続けてきたF1から去ることになったマーク・ウェバー(37歳:オーストラリア)は、その最後のレースとなったブラジルGPを終え、次のように語っている。

「僕の気持ちとしては、最後にヘルメットを脱いで周回できたことが印象に残っているね。
僕らはもちろんマシンに乗るときはいつだってヘルメットを装着していて、素顔のままで走るなんていうことはないからね。
ヘルメットを取ると、いつもより一層ファンやマーシャルからの声援が良く聞こえて感傷的になったよ。
確かにチームメイトのベッテルとは難しい時間もあったけど、最後のレースで共に表彰台に上がれたのは良かったよ」

2014年、ウェバーはポルシェ・チームからのWEC(世界耐久選手権)参戦が決まっている。


posted by Ayrton at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ドライバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。