F1グッズ

2014年01月09日

琢磨らF1経験者5人がフォーミュラEドライバー候補に

FIAフォーミュラEは、8日、将来シリーズに参戦する意志を持つ、「フォーミュラEドライバーズクラブ」のメンバーを発表した。

 フォーミュラEは電気エネルギーのみを利用するフォーミュラカーが走る新しい選手権で、2014年にスタートする。すでに「スーパーアグリ・フォーミュラE」(SAFE)を含む参戦チーム10チームが決定、佐藤琢磨が開発ドライバーに就任している。

 シリーズプロモーターであるフォーミュラEホールディングスCEO、アレハンドロ・アガグは、“ドライバーズクラブ”のメンバーとして8人のドライバーを発表した。

 琢磨をはじめ、レッドブル・レーシングとリザーブドライバー契約を延長したセバスチャン・ブエミ、旧HRT F1のカルン・チャンドック、トロロッソで活躍したビタントニオ・リウッツィ、2010年にヴァージンからF1に参戦し、フォーミュラEの開発ドライバーを務めてきたルーカス・ディ・グラッシの5人のF1経験者に加え、F1テストドライバーを務めたマ・キンファ、インディカ―ドライバーのマルコ・アンドレッティ、フランス出身のDTMドライバー、エイドリアン・タンベイが、今回発表された“ドライバーズクラブ”のメンバーとなっている。

 プロモーターの説明では、上記ドライバーたちはシリーズを支持し将来レースに出場する意志を持っているということで、シリーズは彼らにフォーミュラEマシンをテストする機会を提供するということだ。

「我々は最初から最高のレースを世界中のファンに提供したいと考えていた。それには優れたドライバーたちが必要だ」とアガグ。

 ドライバーを選ぶのは参戦する10チームであるものの、チームのために国際的なトップドライバーの候補を用意したかったとアガグは説明している。

 琢磨は次のようにコメントしている。
「フォーミュラEの開発に携わり、ドライバーズクラブの一員になることになり、とても嬉しく思っています」
「このシリーズはモーターレーシング、電気自動車の将来において大きなポテンシャルを持っています。新しく革新的でマルチメディアな、魅力的な内容が新たなファンの関心を引き、彼らがこの新シリーズを見てくれることを信じています」

 フォーミュラEは今年の9月に初シーズンをスタートすることが決定している。


posted by Ayrton at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | フォーミュラEニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。