F1グッズ

2014年02月02日

ヘレステスト初日 ライコネンがファステスト

2014年のプレシーズンテストがスタートし、キミ・ライコネンが初日に1分27秒104のトップタイムを記録した。2番手にコンマ7秒差でメルセデスのルイス・ハミルトンが続いたが、彼は高速クラッシュを喫している。

ロータスとマルシアを除く9チームが参加したヘレステスト初日だが、多くのチームが新しいV6ターボエンジン搭載のクルマにテクニカルトラブルを抱えた。その最たる例がマクラーレンで、電気系統と思われるトラブルによりチームはMP4ー29を走らせることができなかった。またレッドブルは、雨が降っていたテスト終了15分前にようやくセバスチャン・ヴェッテルと新車RB10をトラックに送り出すことができた。

ハミルトンは18周を走行して1分27秒820のタイムで2番手となったが、午後のセッションでフロントウイングのトラブルに見舞われ、ターン1のバリアに激突した。チームはテストの打ち切りを余儀なくされ、エンジニアたちが水曜日のテスト2日目に間に合うようにクルマの修理に取りかかった。

トップタイムを記録したライコネンは、テスト序盤にこの日最初のレッドフラッグの原因を作り、バックストレートでクルマを止めた。コース復帰した後、彼はトータルで31周を走行し、新車とともにトラックに出た8人のドライバーの中で最多の周回数を記録した。

ウィリアムズのヴァルテッリ・ボタスは新車FW36をデビューさせ、7周を走行して1分30秒082で3番手となった。フォースインディアのセルジオ・ペレスが4番手、トロロッソのジャン・エリック・ヴェルニュが5番手に続き、ザウバーのエステバン・グティエレスが6番手となった。

ヴェッテルは3周の走行のみでタイムを記録せず、新車発表が遅れたケータハムのマーカス・エリクソンも1周を走っただけでノータイムに終わった。
F1 test at Circuito Permanente de Jerez 28 1月 2014
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1. K・ライコネン フェラーリ 01:27.104 31
2. L・ハミルトン メルセデスGP 01:27.820 18
3. V・ボタス ウィリアムズ 01:30.082 7
4. S・ペレス フォースインディア 01:33.161 11
5. J・ヴェルニュ トロロッソ 01:36.530 15
6. E・グティエレス ザウバー 01:42.257 7
7. S・ヴェッテル レッドブル no time 3
8. M・エリクソン ケータハム no time 1


ラベル:ヘレステスト
posted by Ayrton at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。