F1グッズ

2014年02月06日

ホンダ、今季からマクラーレンに巨額の財政支援か

ホンダがマクラーレンに対して巨額の財政支援を行う見込みだと、複数の海外メディアが報じている。

 2015年にマクラーレンのパワーユニットサプライヤーとしてF1に復帰するホンダは、すでに同チームと若手育成プログラムで提携を深めており、その一環として今季のGP2にこれまでホンダのドライバーとして活躍してきた伊沢拓也を送り込むことを決めている。

 報道によれば、昨年限りでメインスポンサーのボーダフォンを失ったマクラーレンは最近まであるメジャースポンサーの獲得をめぐってロータスと争っていたと言われており、そのメジャースポンサーとは、ソニーが展開するゲーム機ブランドのプレイステーションだとされている。

 ドイツ紙アウト・モーター・ウント・シュポルトのF1ジャーナリスト、マイケル・シュミットは、ロータスよりも多額のスポンサー支援を提示しているマクラーレンが仮にこの契約を逃したとしても、次のような理由からチームの財政は健全であると語っている。

 彼の情報では、ホンダはマクラーレンに対して総額1億ユーロ(約137億円)をもたらすとされ、その内訳は無償のパワーユニットと5000万ユーロ(約69億円)のキャッシュ、そしてドライバーのサラリーを50%負担するものだという。

 またシュミットは、ホンダからの資金がすでに今シーズンからチームに流れていると推測している。

 マクラーレンは昨年12月、前チーム代表のマーティン・ウィットマーシュがホンダとの契約について、次のようなコメントを残している。
「ホンダと契約を結んだことで、我々は今後10年はトップチームとして戦うことになると分かっている」
「我々はその状況を確かに手に入れた。今の我々のような形で商業面における将来の保証を得ているチームはそれほど多くない」


posted by Ayrton at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | マクラーレン・ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。