F1グッズ

2014年02月07日

ホンダ社長「F1のパワーユニット開発は順調」

 ホンダは、2015年からマクラーレンに供給する新型パワーユニットの開発が順調に進んでいることを明らかにした。

 ホンダは7日、東京・青山の本社で2014年のモータースポーツ活動計画を発表し、同社の伊東考紳社長がF1のパワーユニットについて、順調に開発を進めていると語った。

 また、今年1月には、四輪モータースポーツの開発拠点を、現在の本田技術研究所四輪R&Dセンターから、同県さくら市にある新拠点内に移転し、F1を含めた開発体制をさらに強化したと説明。さらに、英国ミルトンキーンズにある活動拠点では、今年6月にダイナモや組み立て設備などの導入完了を予定しており、2015年の実戦に向けて盤石な体制を築いていくことも強調した。

 先月末にスペインのヘレス・サーキットで行われたF1合同テストでは、ルノーのパワーユニットにトラブルが続出。チャンピオンチームのレッドブルは4日間でわずか21周(トップのメルセデスは309周)しか走れなかった。


posted by Ayrton at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ホンダF1[Honda F1] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。