F1グッズ

2014年02月09日

ホンダ、F1開発の拠点はさくら市(栃木県)に

015年シーズンからマクラーレン・チームをパートナーに再びF1にエンジン・サプライヤーとして参戦するホンダでは、その国内の開発拠点を栃木県さくら市に置くことを明らかにした。
同地にはF1ばかりでなくこれを含めた4輪モータースポーツ全体の開発が行われるという。
これまでは同じ栃木県の芳賀町にある本田技術研究所「4輪R&Dセンター」に拠点を置いていた。

なおF1の現地活動を支えるのはイギリス・ミルトンキーンズにあるファクトリーで、こちらでも様々な対応が行われることになっている。
同社によれば、新しい1.6リッターV型6気筒ターボのパワーユニットは順調に開発が進められているということだ。


ラベル:さくら市 ホンダ
posted by Ayrton at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ホンダF1[Honda F1] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。