F1グッズ

2014年02月20日

バーレーンテスト初日 ヒュルケンベルグがトップタイム

バーレーンテストが水曜日にスタートし、フォースインディアのニコ・ヒュルケンベルグが1分36秒880のトップタイムを記録した。1秒差でフェルナンド・アロンソが2番手に続き、ルイス・ハミルトンが3番手、ケビン・マグヌッセンが4番手、再びトラブルに見舞われたセバスチャン・ヴェッテルが5番手となった。

マーシャル不足により開始が30分遅れたバーレーンテスト初日は、気温17℃、路面温度29℃のコンディションでスタートした。ヒュルケンベルグのタイムは、昨年のバーレーンGPでヴェッテルが記録したファステストラップをわずかに上回るもので、セッション序盤に最初のレッドフラッグの原因を作ったアロンソが1秒差で彼に続いた。

3番手のハミルトンは大きな問題を抱えることなくセッションを終えており、1分37秒908の自己ベストを記録した。81周を走行したマグヌッセンがコンマ2秒差で4番手に続き、ヴェッテルが1分40秒224で5番手となった。最初の4時間をガレージで過ごしたヴェッテルは14周を走行した後、セッション終盤にトラブルに見舞われ、コースサイドにクルマを止めている。

この日最多の82周を走行したザウバーのエイドリアン・スーティルが6番手に入り、2秒差でケータハムのロビン・フラインスが7番手となった。ダニール・クビアトが8番手、新車E22をデビューさせたロータスのロマン・グロージャンが9番手となり、フェリペ・マッサとジュール・ビアンキはノータイムとなった。この4名はいずれも10周以下の走行に留まっており、トロロッソはオイル漏れ、ロータスは初期トラブル、ウィリアムズは燃料システム、マルシアはIT設定にトラブルを抱えた。
F1 test at Bahrain International Circuit 19 februari 2014
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1. N・ヒュルケンベルグ フォースインディア 01:36.880 78
2. F・アロンソ フェラーリ 01:37.879 64
3. L・ハミルトン メルセデスGP 01:37.908 74
4. K・マグヌッセン マクラーレン 01:38.295 81
5. S・ヴェッテル レッドブル 01:40.224 14
6. A・スーティル ザウバー 01:40.443 82
7. R・フラインス ケータハム 01:42.534 68
8. D・クビアト トロロッソ 01:44.346 5
9. R・グロージャン ロータス・ルノー 01:44.832 8
10. F・マッサ ウィリアムズ no time 5
11. J・ビアンキ マルシア no time 3


posted by Ayrton at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。