F1グッズ

2014年02月23日

バーレーンテスト4日目

バーレーンテスト4日目、メルセデスのニコ・ロズベルグが1分33秒283のトップタイムを記録した。1.7秒差でジェンソン・バトンが2番手に続き、キミ・ライコネンが3番手、フェリペ・ナスルが4番手、パストル・マルドナドが5番手となった。

テスト3日目にトップタイムを記録したルイス・ハミルトンからテストを引き継いだロズベルグは、メルセデスのクルマで再び力強いペースを発揮し、89周を走行して前日のハミルトンのトップタイムを1秒上回った。しかし彼はレッドフラッグの原因を2度作り、ピットレーン出口でスタート練習をした際にエンジンをストールさせている。

2番手のバトンは66周を走行し、1分34秒957の自己ベストを記録した。前日にテレメトリーにトラブルを抱えたライコネンはロズベルグと3.5秒差の3番手となり、81周を走行した。

ウィリアムズのリザーブドライバーに起用されたナスルがテスト最終日にFW36のステアリングを握り、1分37秒569の自己ベストで4番手となった。ロータスのマルドナドはポジティブな1日を過ごし、59周を走破している。6番手のセルジオ・ペレスはドライブトレインに問題を抱えて19周しか走行できず、7番手のダニエル・リチャルドも15周の走行に留まった。

8番手にジャン・エリック・ヴェルニュ、9番手に小林可夢偉、10番手にマーカス・エリクソンが続き、エイドリアン・スーティルとジュール・ビアンキはノータイムに終わった。
F1 test at Bahrain International Circuit 22 februari 2014
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1. N・ロズベルグ メルセデスGP 01:33.283 89
2. J・バトン マクラーレン 01:34.957 66
3. K・ライコネン フェラーリ 01:36.718 81
4. F. Nasr ウィリアムズ 01:37.569 87
5. P・マルドナド ロータス・ルノー 01:38.707 59
6. S・ペレス フォースインディア 01:39.258 19
7. D・リチャルド レッドブル 01:39.837 15
8. J・ヴェルニュ トロロッソ 01:40.472 19
9. 小林 可夢偉 ケータハム 01:43.027 17
10. M・エリクソン ケータハム 01:45.094 4
11. A・スーティル ザウバー no time 7
12. J・ビアンキ マルシア no time 5


posted by Ayrton at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。