F1グッズ

2014年04月10日

バーレーンテスト初日

バーレーンテストがサクヒールサーキットでスタートし、ニコ・ロズベルグが1分35秒697のトップタイムを記録した。2番手にコンマ4秒差でニコ・ヒュルケンベルグが続き、フェルナンド・アロンソが3番手となった。

日曜日のバーレーンGP決勝で2戦連続の1ー2フィニッシュを飾ったメルセデスが、テスト初日でも当然のようにトップタイムを記録した。ロズベルグは121周を走行し、1人だけ1分36秒の壁を破っている。バーレーンGPで久々の表彰台を獲得したフォースインディアが2番手につけ、フェラーリのアロンソは3番手に入るもトップのロズベルグに1秒差をつけられた。チームは午前中、「様々な電気系統の調整とメインストレートでのコンスタントなスピード走行による空力測定に集中」し、午後はセットアップの評価を行った。
アロンソと1000分の8秒差で4番手にマクラーレンのケビン・マグヌッセンが続き、101周を走行した。チームはMP4ー29の理解を深めるために「徹底的な分析」を行ったと伝えている。
ウィリアムズのヴァルテッリ・ボタスは5番手につけたものの28周の走行に留まり、6番手にマックス・チルトン、7番手にダニエル・リチャルドが続いた。チルトンは午前中、ハイドロリックのトラブルに見舞われ、60周しか走行できなかった。
ザウバーのテストドライバー、セルゲイ・シロトキンが8位に入り、ロビン・フラインス、パストル・マルドナド、ダニール・クビアトが続いた。マルドナドは更なる信頼性の問題に直面し、わずか16周でテスト初日を終えた。

F1 test at Bahrain International Circuit 8 april 2014
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1. N・ロズベルグ メルセデスGP 01:35.697 121
2. N・ヒュルケンベルグ フォースインディア 01:36.064 68
3. F・アロンソ フェラーリ 01:36.626 69
4. K・マグヌッセン マクラーレン 01:36.634 101
5. V・ボタス ウィリアムズ 01:37.305 28
6. M・チルトン マルシア 01:37.678 60
7. D・リチャルド レッドブル 01:38.326 91
8. S・シロトキン ザウバー 01:39.023 75
9. R・フラインス ケータハム 01:40.027 63
10. P・マルドナド ロータス・ルノー 01:40.183 16
11. D・クビアト トロロッソ 01:40.452 67


posted by Ayrton at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。