F1グッズ

2014年04月12日

FIA ハースのF1参戦を承認

FIAは、NASCARのスチュワート・ハース・レーシングの共同オーナーであるジーン・ハースに2015年以降のF1参戦を承認した。
金曜日にモロッコで行われた世界モータースポーツ協議会の会議を経て、FIAは「フォルツァ・ロッサ」の名称でエントリーを行っているチームについて更なる調査を行うことも明らかにしている。
「FIAはF1チームの追加に向けて選考手順を公開し、複数の高基準の申請を受理した」と、FIAは述べた。「CRH(商業権所有者)との綿密な協議において、FIAはハース・フォーミュラ・LLCの立候補を受理し、フォルツァ・ロッサの更なる調査を行う過程にある」
当初、新規参入チームは2月に発表される予定だったが、ハースの設備や資金がF1参戦に十分であることを保証するためにFIAは発表を遅らせていた。
F1参戦にゴーサインが出たハースは、目の前の大きな挑戦を歓迎している。
「言うまでもなくFIAによってF1ライセンスを承諾されたことに心から満足している」と、ハースは語った。「私やハース・オートメーション、そしてアメリカのチームがF1に復帰することを望んでいた全ての人にとって非常に楽しみな瞬間だ。これから大変な作業が始まる。グリッドにクルマを並べるために努力することになるので、喜んで応じる挑戦になるだろう」
「今回の機会を与えてくれたFIAと、ライセンス申請を実現させてくれた全員の不断の努力に感謝したい」
F1に新チームが加わるのは2010年以来となり、当時、ロータスレーシング(現ケータハム)とヴァージンレーシング(現マルシア)、すでに撤退しているHRTが新規参入を果たした。


posted by Ayrton at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | F1チーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。