F1グッズ

2014年04月21日

F1中国GPで失態! チェッカーフラッグを誤り、可夢偉の順位を奪う

 F1第4戦中国GP決勝は、規定周回数の56周より2周少ない54周チェッカーとなり、最終ラップでオーバーテイクを成功させた小林可夢偉の最終順位は17位ではなく、18位になることが分かった。
 レース後にFIAが発行した中国GP決勝の結果には、優勝したルイス・ハミルトン以下の周回数が54と記されている。このプレスリリースには、注釈として、「スポーティング・レギュレーション第43条2項に従い、レース終了は54周になる」と記され、55周の終わりにレース終了の合図、すなわちチェッカーフラッグがレースリーダーに振られたことが説明されている。
 スポーティング・レギュレーションの第43条2項には、次のようにある。
「いかなる理由にせよ、先頭車両が予定されていた周回数を消化する前、または規定の時間が経過する前に決勝レース終了の合図が出された場合は、その合図が出される前に先頭車両がラインを最初に横切った時点で決勝レースは終了したものとみなされる」
 これは、中国GPのチェッカーフラッグを降る人物が誤って55周終了時にハミルトンへチェッカーを示したことが分かっている。
 よって、(規定周回の)最終ラップにマルシャのジュール・ビアンキをオーバーテイク、17位でチェッカーを受けたケータハムの小林可夢偉は、54周終了時点の18位に。この影響を受けたのは可夢偉だけだった。
1/L.ハミルトン/メルセデス
2/N.ロズベルグ/メルセデス
3/F.アロンソ/フェラーリ
4/D.リカルド/レッドブル
5/S.ベッテル/レッドブル
6/N.ヒュルケンベルグ/Fインディア
7/V.ボッタス/ウイリアムズ
8/K.ライコネン/フェラーリ
9/S.ペレス/Fインディア
10/D.クビアト/トロロッソ
11/J.バトン/マクラーレン
12/J-E.ベルニュ/トロロッソ
13/K.マグヌッセン/マクラーレン
14/P.マルドナド/ロータス
15/F.マッサ/ウイリアムズ
16/E.グティエレス/ザウバー
17/J.ビアンキ/マルシャ
18/小林可夢偉/ケータハム
19/M.チルトン/マルシャ
20/M.エリクソン/ケータハム
R/R.グロージャン/ロータス
R/A.スーティル/ザウバー


posted by Ayrton at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。