F1グッズ

2014年05月21日

ニューエイの去就とアロンソの将来

 レッドブル・レーシングのチーフテクニカルオフィサー、cはF1でのキャリアを終えることを考えているとの推測が持ち上がっている。彼の動向がドライバーの動きにも大きな影響を与えることにもなりそうだ。では実際、ニューエイが移籍する可能性はどの程度あるのか、または移籍はないとどこまで言い切れるのか。検証してみた。
 今月、フェラーリがニューエイにオファーを行ったとヨーロッパの複数のメディアが報じた。これに関し、レッドブルのチームプリンシパル、クリスチャン・ホーナーは、フェラーリが欲しがる気持ちは分かるが、ニューエイがレッドブルを離れることはないだろうとコメントした。
 レッドブルは、ニューエイとの現在の契約期間を明らかにしていない。しかしベッテルは2014年末までの契約を結んだ際に、残留の条件はニューエイら主要スタッフが残ることだったと明言しており、2015年末までの契約延長の際にも同じ条件を出したのではないかと想像される。
 レッドブルとの長期契約については、ニューエイ自身が認めており、また、フェラーリは過去に彼にアプローチしているが合意に至らなかった経緯がある。
 その一番の理由としては、ニューエイの“家族愛"が挙げられる。ニューエイはイギリスに生活の拠点を置いているが、以前フェラーリからのオファーを断った際には、子どもたちの学校の関係でイタリアへの移住ができないというのがその理由のひとつだったと述べている。
 実際、Sky Sportsの報道ではニューエイは2年前のインタビューで次のように語っている。
「フェラーリは素晴らしいチームであり、多くのドライバーたちがフェラーリとのロマンスに抗えないのと同様、エンジニアにとってもそれは無視することはできない。しかし私はフェラーリに行くことはないだろう」
「そのひとつの理由は、(4人の子どもを含む)家族がイギリスにいることだ。また、レッドブルに深く関与するというのはやりがいのある仕事であり、F1では他のどのチームでも働きたいとは思わない」
 しかしその一方、ニューエイ自身としては、F1以外のカテゴリーに興味を示していることは明らかで、関係者の間では長い間、将来的にはニューエイはF1以外の世界に活動の場を求めるだろうと推測されている。
 昨年は、金メダリスト、ベン・エインズリーから国際ヨットレースのアメリカスカップへの協力を求められ、ニューエイもこれに関心を示したとの報道がなされた。
 また今年4月、第3週の週末には中国GPが開催されているにもかかわらず、ニューエイはWEC開幕戦シルバーストン戦を訪れた。彼は昨年までレッドブル・レーシングで走っていたマーク・ウエーバーが所属するポルシェのガレージに出向き、ビジネスの話も行っていたと見られている。
 そもそも空力エンジニアとしてのニューエイは、今季から導入されたパワーユニット主体のF1に不満を抱いており、しばしば批判的な発言を行っている。燃費が鍵となる現在のF1のレース自体にも不満を持っており、今年のバーレーンGPの際には、F1では人やマシンが毎ラップ、最大限の力を発揮すべきであると述べていた。
 ニューエイがF1への関心を失い、他の分野に去る時には、現在のドライバーラインアップにも大きく影響してくると考えられる。ベッテルもレッドブルから離脱し、以前からうわさされているようにフェラーリへと加入することも考えられる。
 そのフェラーリの状況としては、フェルナンド・アロンソの契約は2016年末まで、キミ・ライコネンは2015年末までの契約。アロンソは、フェラーリのマシンのパフォーマンスに不満を募らせており、他のチームへの移籍も画策しているとの情報もあり、その中には来季からホンダとパートナーシップを結ぶマクラーレンも含まれているという。
 来年からマクラーレンと組みF1に復帰するホンダはアロンソ獲得を強く望んでいると言われ、昨年チームプリンシパルを務めたマーティン・ウィットマーシュはアロンソを獲得したい意向であることを公言していた。しかし今年になってかつて犬猿の仲と言われたロン・デニスがチームの実権を握ることとなったことが、両者の契約の妨げになるかもしれない。
 先日のスペインGPの週末にはアロンソにメルセデス入りのウワサも出たが、メルセデス側は、ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグに満足しているとして即座にこれを否定。アロンソも、メルセデスに加入することに関心は、と聞かれ「ノー」と答えている。
 現状ではアロンソには有力な移籍先がない状態だが、フェラーリがベッテルを獲得した場合には、レッドブルのシートが空くことになる。昨年ハンガリーGPでアロンソのマネージャーとレッドブル代表ホーナーが会談を持ったことが分かり、アロンソとのチームの関係が悪化しているとも伝えられた。
 もしもニューエイがフェラーリに加入することを決めるなら、アロンソもフェラーリ残留を選ぶかもしれない。しかし、ニューエイとベッテルが揃ってフェラーリに移る可能性もあり、アロンソがベッテルとペアを組むことを望むかどうかは疑問だ。


posted by Ayrton at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。