F1グッズ

2014年05月29日

ビアンキ「マルシャのF1初ポイントは“運”じゃない」

モナコGPでマルシャにF1初ポイントをもたらしたジュール・ビアンキは、今週末のリザルトがチームの純粋な進歩によるものだと述べ、決して運だけで手にしたものではないと主張した。
 ビアンキは、ギヤボックス交換によるグリッド降格ペナルティで21番手スタートを強いられたものの、完走14台と荒れたレースを9位でフィニッシュ。チームに初のコンストラクターズポイントをもたらすとともに、自身のF1キャリアにも新たな一歩を刻んだ。
 ビアンキの9位チェッカーは、ライバルが8台もリタイアしたことが影響したことも確かだ。しかし彼は前戦スペインGP以降、チームがMR03を進化させたことを強調している。
「僕らは、バルセロナテストでマシンを一歩前進させた」とビアンキ。
「それによってマシンのバランスがはるかに良くなったし、それがこのレースもうまくやれた理由さ」
「だけど、今は地に足をつけていく必要がある。ポイントを獲ったのはいいけど、幸運がなければポイント圏内にいることはできないだろうからね」
「だから僕らにはまだ改良の余地がある。今夜少し落ち着き、マシンの改善に取り組み続けていかなければならないね」
 またビアンキは、土曜日の予選でQ2進出争いができたと感じており、レースペースも今後に期待の持てるものだったと述べている。
「全員にとって大きな励みになるものだよ」とビアンキ。
「予選では、Q2進出をかけて争うことができたと思う」
 ビアンキの9位入賞により、マルシャはコンストラクターズランキングでザウバーを抜いて9位に浮上した。


posted by Ayrton at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ドライバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。