F1グッズ

2014年07月23日

可夢偉「ビアンキと戦う速さはなく、これが最大限の結果」

2014年F1ドイツGPの日曜決勝で、ケータハムの小林可夢偉は16位を獲得した。
小林可夢偉 決勝=16位
「スタートで(ジュール・)ビアンキの滑り出しが遅く、彼をよけることはできたものの、ターン1入口で(マックス・)チルトンの後ろになってしまいました」
「セーフティカーが戻った後、ビアンキに抜かれ、最初のピットストップまでプッシュすることに集中しました。クルーのピット作業がよかったおかげでチルトンの前に戻ることができ、2回目のピットストップを行った32周目までそのポジションを楽に維持することができました」
「マシンバランスはまずまずでした。オーバーステア気味でしたが、最初に履いたスーパーソフトの時と比べればよくなっていました。でも前のグループに追いつけるほどのペースはありませんでした」
「ピットストップでは再びクルーが素晴らしい仕事をしてくれて、チルトンとのギャップをさらに拡大することができました。そのため、2セット目のソフトタイヤを履いたサードスティントで、最初の数周はさほどプッシュする必要がありませんでした」
「チルトンとの差を広げ、(エイドリアン・)スーティルがスピンした時に最後のピットストップを行い、スーパーソフトで最後まで走り切りました」
「16位は今日可能なほぼ精いっぱいの結果で、ビアンキに追いつけるようなパフォーマンスはありませんでした。サマーブレーク前の最後のレースとなる来週のハンガリーでまたチャレンジします」


posted by Ayrton at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 小林可夢偉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。