F1グッズ

2014年08月20日

可夢偉シート喪失、ケータハムが日本で活躍のロッテラー起用を発表

 ケータハムF1チームは20日、今週末のベルギーGPで日本人ドライバーの小林可夢偉に代えてアンドレ・ロッテラーをレースドライバーに起用することを明らかにした。
 今シーズン、アウディのワークスドライバーとしてWEC(世界耐久選手権)に参戦するとともに日本のスーパーフォーミュラにもシリーズ参戦しているロッテラーは、今週末(8月22日〜24日)にスパ・フランコルシャンで開かれるF1ベルギーGPでレギュラードライバーの小林可夢偉に代わってケータハムCT05をドライブすることになった。
 この日発表されたケータハムの声明には、ベルギーGPの週末でロッテラーがマーカス・エリクソンとともにケータハムCT05のステアリングを握ることが記されている。ただ、ロッテラーが次のイタリアGP以降もチームに留まるのかは定かではなく、現時点ではベルギーだけのスポット参戦になる見込みだ。
 一方、今回ロッテラーにシートを奪われることになった小林可夢偉については「今もチームの一員である」と述べられており、今後の復帰に含みを持たせている。
 なお、ベルギーGPと同じ週末には、日本のスーパーフォーミュラもツインリンクもてぎで第4戦が開催されるが、現在、中嶋一貴に3.5ポイント差でランキング2位につけるPETRONAS TEAM TOM’Sのロッテラーはこのレースを欠場することに。すでにツインリンクもてぎから発表されている最新のエントリーリストには、ロッテラーの36号車にアンドレア・カルダレッリの名前が記されている。
 ロッテラーは、2000年から2002年にかけてレッドブルの前身であるジャガー・レーシングのテストドライバーおよびリザーブドライバーを務めた経験を持っている。


posted by Ayrton at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ドライバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。