F1グッズ

2014年09月24日

ロズベルグ「ステアリングトラブルで今年一番辛い一日に」

 2014年F1シンガポールGPの日曜決勝で、メルセデスのニコ・ロズベルグはリタイアを喫した。
ニコ・ロズベルグ 決勝=リタイア
「レース前にガレージにいた時点からステアリングホイールの問題が出ていた。グリッドから動き出せなかった時は本当に辛かった。ニュートラルの状態から抜け出せなかったんだ」
「ピットレーンからスタートした後、僕にできたのはギヤを変えることだけだった。ステアリングホイールの機能が作動せず、ハイブリッドパワーもDRSも利用できなかった。おかしなことにギヤパドルは使えたけれど、一度に2速シフトアップし、4速と6速が使えなかった。ブレーキバランスがおかしかったが変更できなかったので、最適なブレーキングができなかった」
「無線のようにシステムも復帰し、状況が変わることを期待していた。でも再度ステアリングホイールを交換した後、リタイアすることを決めた」
「僕にとっては今年一番きつい一日だった」
「少なくともチームにとってはルイス(・ハミルトン)が優勝できたのはいいことだったけどね」
「チームに再び信頼性のトラブルが起きた。何が起きたのか分析し、いろいろなことをすべてベストの状態に整える必要がある。今年の僕らの課題は信頼性だからね」


ラベル:メルセデス
posted by Ayrton at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ドライバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。