F1グッズ

2014年12月10日

小林可夢偉、スーパーフォーミュラ岡山テスト走り始めでいきなりトップタイム!

これが小林可夢偉の次のステージとなるのか?
 12月10日から2日間に渡って開催されるスーパーフォーミュラ「エンジンメーカーテスト・ルーキーテスト」がついに始まった。
 可夢偉は自身のSNSなどで掲載したGP2時代のスーツではなく、真っ白なスーツを纏い、今季F1でも使用したお馴染みのヘルメットで登場。セッション前には気さくに訪れたファンからの写真撮影、サインに応えるなど、リラックスした表情を見せた。
 可夢偉が乗るKYGNUS SUNOCO LeMansのピット前には多くの報道陣が集まり、テストとは思えない注目度の高さ。可夢偉はその期待に応えるように、何もかもが初めての状況ながら、走り初めでいきなりの速さを見せる。
 佐藤琢磨、中嶋一貴、松田次生などそうそうたるメンバーが参加している今回の岡山テスト。10台が参加している今回のテストで最初の1時間を終えたセッション途中ながら、2番手のヤン・マルデンボロにコンマ6秒差をつけてトップタイムをマーク。さすが現役F1ドライバー、の貫禄を見せている。
 この岡山でのテストは、可夢偉にとってどのような意味を持つのか。レーシングドライバーとしてのターニングポイントにいる今、可夢偉だけではなく、国内モータースポーツにとっても重要な2日間が始まった。
(オートスポーツweb)


posted by Ayrton at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 小林可夢偉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。