F1グッズ

2014年12月17日

レッドブルの盗難トロフィーが湖で発見 チーム代表「無意味な事件」

 今月初めにレッドブル本社から盗まれたトロフィーが湖から発見されたと、調査にあたっていた地元警察が現地時間16日に発表した。
 盗難事件は12月6日に発生。ミルトンキーンズにあるレッドブル本社の入口に車両で乗り付けた6人の男性によって約60以上のトロフィーが盗まれ、同日午前1時半に警察に通報された。
 約20個のトロフィーが15曜日、サンドハースト近郊のホースシュー湖で発見され、専門家チームによって回収された。
 テムズバレー警察のデット・コン・クリス・オークマンは「昨日、トロフィーのいくつかがサンドハースト近郊のホースシュー湖で回収された」
 「約20個のトロフィーが回収されたと推測しているが、ダメージを負っているトロフィーがいくつかあるため、正確な個数を確認するためにレッドブルと連絡をとっている」と述べた。
 チーム代表のクリスチャン・ホーナーは「トロフィーのいくつかが発見されたのは嬉しいニュースであり、警察によるこれまでの支援に感謝している」
 「いくつかのトロフィーが湖に捨てられダメージを負っているという事実は、今回の事件がいかに無意味であったかを示している」
 「チームにとってトロフィーが極めて重要な意味を持つ一方で、彼らにとっての本質的な価値は低い。犯人の侵入によってファクトリーが受けたダメージの大きさは計り知れない」
 「トロフィーがファクトリーの元の場所に戻り、戻すことができないトロフィーのレプリカを作ることを期待している」と述べている。


posted by Ayrton at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | F1チーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。