F1グッズ

2014年12月18日

タイヤ責任者 浜島裕英氏のフェラーリ離脱が発表

フェラーリは、タイヤパフォーマンス分析を担当する浜島裕英氏が今年末でチームから離れると発表した。
 浜島氏はブリヂストンでモータースポーツタイヤ開発ディレクターを務め、ブリヂストンがF1にタイヤを供給していた1997年から2010年までの14年間にわたって現場の指揮を執っていた。その後、フェラーリからの熱心なオファーを受け、2012年シーズンを前に同チームに加入した。
 フェラーリは17日、浜島氏が2014年末でチームを去ると発表した。
 フェラーリは、低迷した2014年の間に次々に上層部が入れ替わり、1勝もできないままシーズンが終わった後、2015年シーズンに向けて、大規模な体制変更を行っている。
 4月に当時チームプリンシパルのステファノ・ドメニカリ、7月にはエンジン担当のルカ・マルモリーニがチームを去った。9月にフェラーリ会長ルカ・ディ・モンテゼモロが離職。11月にはフェルナンド・アロンソの離脱が発表され、代表がマルコ・マティアッチからマウリツィオ・アリバベーネに変更となった。新代表は組織再編に取り組み、12月16日にチーフデザイナーのニコラス・トンバジスとエンジニアリングディレクターのパット・フライの離脱が発表されていた。


posted by Ayrton at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | F1チーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。