F1グッズ

2015年01月08日

スパ・フランコルシャン、2018年まで開催契約を延長

F1グランプリの中でも特に人気の高いサーキット、スパ・フランコルシャンで行われるベルギーGPが、少なくとも2018年までは開催されるのが確実となった。
ベルギーで発行されている仏語紙の『La Libre(リブル)』は、ベルギーのワロン地区の経済大臣であるジャン-クロード・マルクールがF1ベルギーGPの開催契約延長を承認したと報じた。
マルクールは、6日(火)に行われた議会において「これにより、2015年、2016年、2017年、そして2018年にグランプリが開催されることになる」と語ったと伝えられている。
マルクールによれば、有名なスパ・フランコルシャン・サーキットはすでに一定の基準を満たしており、F1統括団体であるFIA(国際自動車連盟)からさらなる改修を求められるようなこともなかったという。
マルクールはさらに、2014年のベルギーGPが7百万ユーロ(約9億8,800万円)の赤字であったことを明らかにし、その一部は2015年以降の契約交渉によるものだったと認めている。だが、マルクールは、その赤字も地域的および国際的な影響を考慮に入れれば正当化できるものだと語ったとされている。


posted by Ayrton at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。