F1グッズ

2015年01月11日

アムリン・アグリ フォーミュラE初優勝!

フォーミュラE第4戦ブエノスアイレスePrixが行われ、アムリン・アグリのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタがトップチェッカー。チームに初優勝をもたらした。
 ポールポジションからスタートしたのは、第3戦で優勝を果たしたセバスチャン・ブエミ(e.ダムス・ルノー)。連勝を果たすべく、トップをキープしていく。
 レース序盤は平穏に流れるが、終盤以降はアクシデントが続出する。その中のひとつがブエミだ。ブエミは右のフロントサスペンションを壊してリタイア。代わってトップに立ったのは開幕戦から3戦連続して表彰台を獲得し、ランキングトップに立っているルーカス・ディ・グラッシ(アウディ・アプト)。しかし、このディ・グラッシもクラッシュしてしまい、戦線を離脱する。
 これでヴェンチュリのニック・ハイドフェルドが先頭に。しかし、残り2周というところで痛恨のドライブスルーペナルティが課せられてしまう。これで、約3秒差で2番手を走行していたダ・コスタが、残り1周というところでトップに立ち、そのままトップチェッカー。アムリン・アグリに嬉しい初優勝をもたらすことになった。
 後方の2番手争いも熾烈だった。ハイメ・アルグエルスアリ(ヴァージン)、ジャン-エリック・ベルニュ(アンドレッティ)、ネルソン・ピケJr.(チャイナレーシング)らF1経験者に、ダニエル・アプト(アウディ・アプト)、ニコラス・プロスト(e.ダムス・ルノー)を加えたドライバーたちによる超接近戦である。
 ベルニュがアルグエルスアリを接触しながら交わしたと思えば、そのベルニュをプロストがパス。プロストはこのまま2位でフィニッシュし、自身初の表彰台を獲得。ポールポジションを2度も獲得しているプロストが初表彰台とは、意外でもある。
 アプトはこの混戦の中、ベルニュを交わそうとしたところで接触し、マシンを壊してリタイアしてしまう。その間にネルソン・ピケJr.が先行して3位でフィニッシュ。第3戦に続き連続表彰台を得ている。以下、アルグエルスアリ、ブルーノ・セナ(マヒンドラ)、ベルニュの順でチェッカーを受けている。
 なお、優勝したダ・コスタのチームメイト、サルバドール・デュランは8位でフィニッシュしたが、エネルギー使用量違反で失格となっている。

フォーミュラE第4戦ブエノスアイレスePrix 決勝結果
1.アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(アムリン・アグリ)
2.ニコラス・プロスト(e.ダムス・ルノー)
3.ネルソン・ピケJr.(チャイナ・レーシング)
4.ハイメ・アルグエルスアリ(ヴァージン)
5.ブルーノ・セナ(マヒンドラ)
6.ジャン-エリック・ベルニュ(アンドレッティ)
7.サム・バード(ヴァージン)
8.ニック・ハイドフェルド(ヴェンチュリ)
9.オリオール・セルビア(ドラゴン・レーシング)
10.ステファン・サラザン(ヴェンチュリ)
11.ホーピン・タン(チャイナ・レーシング)
12.マルコ・アンドレッティ(アンドレッティ)
13.ダニエル・アプト(アウディ・アプト)
14.ジェローム・ダンブロジオ(ドラゴン・レーシング)
リタイア.ヤルノ・トゥルーリ(トゥルーリ)
リタイア.ルーカス・ディ・グラッシ(アウディ・アプト)
リタイア.セバスチャン・ブエミ(e.ダムス・ルノー)
リタイア.ミケーラ・セルッティ(トゥルーリ)
リタイア.カルン・チャンドック(マヒンドラ)
失格.サルバドール・デュラン(アムリン・アグリ)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。