F1グッズ

2015年01月21日

ウイリアムズが2015年の新車画像を公開、ノーズの突起残る

 ウイリアムズは20日、全チームのトップを切って2015年のF1マシン『FW37』の画像を公開した。
 昨年、メルセデスのパワーユニットを搭載し、9度の表彰台を奪う活躍でランキング3位に躍進したウイリアムズが、本家メルセデスを凌ぐスピードもみせた2014年型FW36の遺伝子を受け継ぐ2015年用のニューマシン『FW37』を初披露した。
 今週発売されるイギリスのF1専門誌『F1レーシング』の表紙を飾ったウイリアムズFW37は、昨年“醜い”と批判を浴びた、いわゆるアリクイや2本牙といったノーズ形状を禁止する新たな規定により、フロントウイング付近までなだらかに垂れ下がるノーズを採用している。
 しかし、FIAが「見た目上、より美しい構造にする」として設けた新しいノーズ規定をもってしても、細く突き出たノーズの先端はわずかに残るかたちとなった。
 マシンのカラーリングは、昨年同様タイトルスポンサーのマルティニカラーをほぼ踏襲。新たにRexona(レクソーナ)、Avanade(アバナード)、Hackett(ハケット)という新スポンサーのロゴも確認できる。
 チームはこの日の夜、グローブのチーム本拠地で最初のエンジン始動も行っている。


posted by Ayrton at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | F1チーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。