F1グッズ

2015年01月28日

マクラーレン、テストは暫定カラーを使用か

2月1日(日)のテストで、マクラーレンは黒一色のカラーリングでHondaパワーの2015年マシンをデビューさせるつもりかもしれないとスペイン紙『Marca(マルカ)』が伝えている。
27日(火)、戻ってきたフェルナンド・アロンソがHondaロゴの入った真新しい白のレーシングスーツに身を包んだ画像が『Twitter(ツイッター)』で公開された。
同じ日にジェンソン・バトンもシーズン前のメディア対応で今季のユニフォームを着ていたが、それは昨年彼とケビン・マグヌッセンが着ていたものとほぼ同じで、違いは数カ所だけだった。
すぐに気づくのは、『Hugo Boss(ヒューゴ・ボス)』だけでなく、『Santander(サンタンデール)』のスポンサーロゴまでなくなっていること。
マクラーレンがひそかに何かを用意しているのではないかとイタリア誌『Autosprint(オートスプリント)』は推測している。
同誌によれば、マクラーレンは"メディア発表を2回"行う可能性があるといい、29日(木)に公開されるMP4-30は"名前を伏せた暫定カラーリング"になるとのことだ。
そして、2度目の発表会で本物の2015年レース仕様が明らかにされるのではないかとオートスプリントは述べている。新たにHondaパワーを搭載する彼らは、見慣れたシルバーの外観を捨てて、新たなカラーリングに生まれ変わるといわれている。
マルカ紙も、ヘレステストでは黒のカラーリングが使われるとの情報をつかんでいるという。しかし、アロンソが26日(月)に意味深なツイートをしており、そこにはマクラーレンの伝統カラーであるオレンジの2台のマシンが写されていた。


posted by Ayrton at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | マクラーレン・ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。