F1グッズ

2015年03月04日

マクラーレン・ホンダ、トラブルもロングランに取り組む「最も実り多い1日」/F1バルセロナテスト2日目

バルセロナにおける最後のプレシーズンテスト2日目、ジェンソン・バトンがマクラーレン・ホンダMP4-30のステアリングを握り、初めて100周を超える距離を走りこんだ。
 今週のテスト初日は油圧系のオイル漏れのためにわずか7周しか走れなかったマクラーレンだが、27日のセッションスタート前までにパワーユニット交換を済ませ、コースオープンとなる9時直後から走行を始めた。午前中にはフロントウイングのテストとそれに伴うセットアップ変更に取り組み、午後にはロングランプログラムに着手、メカニカルバランスの評価と多数のピットストップ練習を行った。
 セッションが終了する直前に電気系トラブルのためにバトンはマシンを止めたが、1日の中で101周を走行し、1分25秒590で5番手となった。トラブルの詳細についてはまだ明らかにされていないが、マクラーレンは1日の走行としては今年最長の距離を走りこむことができた。
 チームは27日は「この冬の中で最も実りが多く、期待を感じた一日」であると述べ、走行距離はまだまだ足りず、開発プログラムの遅れを取り戻さなければならないものの、「今日のような一日を過ごせたことは、より望ましいペースで巻き返すことにつながる」と前向きなコメントを発表している。
 テスト3日目はテスト&リザーブドライバーのケビン・マグヌッセンがMP4-30で初走行、最終日は再びバトンがテストを行う予定。


posted by Ayrton at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。