F1グッズ

2015年03月29日

マクラーレン「バトンやメカニックたちを称えたい」/F1オーストラリアGP日曜

2015年F1オーストラリアGPの日曜決勝で、マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンは11位、ケビン・マグヌッセンはスタートできずに終わった。

レーシングディレクター、エリック・ブーリエ
「非常に困難な週末であり、前向きな要素を見つけるのは難しいが、それでもいくつかあるのは確かだ」
「何よりもまず、ジェンソンのマシンがレースを完走できたことは喜ばしい。彼は非常に優れた走りをし、何周にもわたってチェコ(ペレス)を巧みに押さえ続けた。そして56周を走り切り、大量の貴重なデータを我々にもたらしてくれた」

「しかしながら彼は一度ならず二度もレースウイナーであるルイス(・ハミルトン)にラップされてしまった。パフォーマンスに関して課題があることは明らかだ。一方でコーナースピードはなかなかよかったし、MP4-30の中に潜在能力があるのは間違いなく、今後ホンダと我々はそれを引き出すことができるだろう」

「ケビンは非常に不運だった。まだ詳細は不明だが、パワーユニットの問題により、スタートする前に彼のレースは終わってしまったのだ」

「最後に大事なことを言いたい。毎日懸命に作業にあたってくれているメカニックたちに感謝し、彼らをたたえたいと思う。彼ら全員が陰のヒーローであり、だからこそこの場を借りて彼らへの称賛の言葉をはっきりと口にしたい」

「2週間後にはマレーシア セパンでのレースに臨む。天候は極めて高温多湿であると予想される。この短い期間で調子が上向くと性急に予想するつもりはないが、できる限りあらゆる手段を使ってパフォーマンスと信頼性を向上させるために全力を尽くす。それは100パーセント断言できる」


posted by Ayrton at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | マクラーレン・ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。