F1グッズ

2007年05月29日

マクラーレン チームオーダー疑惑

 F1を統括するFIA(国際自動車連盟)は、現地時間(以下、現地時間)28日、第5戦モナコGPでのマクラーレンのワン・ツーフィニッシュにいわゆるチームオーダーがあったのではないかとの論争について調査を開始した。
『ロイター』通信などが伝えている。
 マクラーレンの2年連続王者フェルナンド・アロンソは、27日のモナコGPを、チームメイトの新人ルイス・ハミルトンを2位に従えて、2年連続で制した。
この結果、両ドライバーはドライバーズランキング上でともに38ポイントとなったが、勝利数で上回るF.アロンソが首位にランクされている。
 4戦連続2位フィニッシュを果たしたL.ハミルトンはレース後に、F.アロンソにプレッシャーをかけてワン・ツーフィニッシュを台なしにするよりも速度を落とせ、と言われたことを明らかにした。
 L.ハミルトンの母国イギリスの新聞各紙も「ハミルトンはアロンソに勝利を渡すように命令された」(『Daily Telegraph』紙、)、「ハミルトンはアロンソを勝たせるように言われた」(『Daily Mail』紙)と伝えている。
 チームオーダーは、事実上レースの結果を故意に操作するものとして、2002年のオーストリアGPでフェラーリがルーベンス・バリチェッロにミハエル・シューマッハを勝たせるために指示して以来、禁止されている。
 FIAの国際モータースポーツ競技規則151条には「あらゆる不正な指示、または、あらゆる競技に対する関心やモータースポーツ全般に対する関心に不利となるあらゆる行為」は規則違反であると明言されている。
 マクラーレンのチーム代表であるロン・デニス氏は、そのような操作を行なったことを否定し、「我々にはチームオーダーはなく、このレースを勝つための戦略はあった。最初のピットストップ後にペースを落として戦略をやりとげろと、ドライバー達に指示したことは弁解しない」とモナコGP決勝後に語っていた。
 FIAは声明を通じて、「国際モータースポーツ競技規則違反の可能性があると考慮して」この件を調査していると発表し、「これに関連した証拠が再検討中で、さらなる発表が順を追ってなされるだろう」と補足している。
また、マクラーレンがFIAの調査に対し協力的であることも明らかにした。
[ISM]
posted by Ayrton at 20:54 | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。