F1グッズ

2007年06月19日

スーパーアグリ アメリカGP決勝

Indianapolis Motor Speedway
17 June 2007
2007年アメリカGP 決勝
アンソニー・デビッドソン カーナンバー23 (SA07-02)
11位 走行周回数:72 最速ラップタイム:1分14秒066
佐藤琢磨 カーナンバー22 (SA07-04)
リタイア 走行周回数:13 最速ラップタイム:1分16秒680
T-Car SA07-03
天気=晴天(湿度30.8% - 36.0%)
気温=最低35.2℃ 最高36.6℃
コース路面温度=最低 46.2℃ 最高 57.8℃
SUPER AGURI F1 TEAMのアンソニー・デビッドソンが猛暑のインディアナポリスのレースで素晴らしい戦いぶりを見せ、スタート順位から5つポジションを上げた11位でチェッカーフラッグを受けた。
残念ながら、琢磨のレースは13周で終了してしまったが、チームはこの全体的な結果とアメリカGPの週末を通した進歩に満足している。
アンソニー・デビッドソン
「マシンによってウイングレベルが異なり、ストレートやコーナリングのスピードもさまざまだったので、おもしろいレースだったね。
ぼくたちはタイヤをセーブするためにウイングを少し強くして走ることを選んでいたので、ストレートでドラッグと戦いながら前との距離を縮めていくのは大変だった。
第1コーナーは混乱した状態だったし、コース全体がタイヤかすで汚れていたこともあり、オーバーテイクの場面がたくさん見られたレースだった。
素晴らしいレースだったと思うし、ぼくもレースを存分に楽しむことができた。
再びグランプリをフィニッシュすることができて本当にうれしいし、チームにとってもホンダにとっても最高の結果となった。
素晴らしい日だったよ」
佐藤琢磨
「難しいスタートで、2台に抜かれることになってしまった。
ターン1のアクシデントを回避して、その後、周回を重ねながら順位を上げていった。
かなりのポジションを取り戻すことができて最高だったけれど、コースがクリアになって本格的にプッシュしていこうと思ったときに路面の汚れを踏んでターン3でコースアウトしてしまった。
ぼくにとってはいい日ではなかったが、ヨーロッパで再びいいポジションからスタートできることを願っている」
鈴木亜久里 チーム代表
「ぼくたちにとって、難しい週末になることはわかっていたが、実際にとても厳しいレースになった。
しかし、今日はアンソニーが頑張ってくれた。琢磨はただついていなかった。
アンソニーのラップタイムは速かったし、安定していた。
全体的にはチームにとって厳しい週末だったし、いくつかの問題に遭遇することになったが、結果的にはアンソニーもチームもとてもいい仕事をしてくれたと思う」
[FMotorsports F1]
posted by Ayrton at 20:45 | TrackBack(0) | スーパーアグリF1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。