F1グッズ

2007年10月08日

ホンダ 中国GP決勝レース

第16戦 中国GP 決勝レース
「バトン、今季最高の5位入賞」
10月7日・日曜日(決勝レース) 天候:晴れ 気温:28〜31度
第16戦中国GPの決勝レースで、Honda Racing F1 Teamのジェンソン・バトンは、今季最高位の5位入賞。ルーベンス・バリチェロは15位完走だった。
Honda Racing F1 Team 決勝レースの展開:
決勝当日の上海国際サーキットは、朝から断続的に雨が降る天候となった。
午前中には前日以上の強い風が吹いている。
午後2時のレース開始時点で、気温29度、路面温度31度。雨はこの時点でポツポツと降っており、路面は少し濡れているという難しいコンディション。
予選12番手のS・ベッテル(トロロッソ)が5番降格のペナルティを受け、バリチェロは1つスタート順位を上げ、16番グリッドからのスタート。
スタートでひとつ順位を上げたバリチェロだが、2周目の1コーナーでアンソニー・デビッドソンと接触。
20番手まで後退する。バトンも序盤、13番手まで順位を落とす。
さらに14周目にはN・ロズベルグ(ウィリアムズ)に、さらに17周目にはR・シューマッハ(トヨタ)にも抜かれて、15番手に。バリチェロは18番手だ。
24周目に1回目のピットインし、17番手でコース復帰したバトンは、その後、前を走るマシンのピットインにより、30周目の時点で10番手を走行。
一方のバリチェロは17番手。
そして31周目に大波乱が起きる。
2位を走行していたL・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)が、ピットインの際にグラベルにはまり、リタイアする。
一方でバトンは最速タイムを連発していく。
33周目には一気に6番手に上がった。
さらに暫定トップのR・クビカ(BMWザウバー)もリタイア。
35周目にはベッテルを抜いて、4番手に上がる。
42周目。バトンが2度目のピットインに。
6番手でコースに復帰した。その後、前を走るG・フィジケラ(ルノー)が45周目にピットインし、5番手に。
そのまま56周を走り切り、今季最高の5位入賞を遂げた。
■ジェンソン・バトン 5位
「今日のレースは素晴らしかった。4ポイントを獲得し、今シーズンベストのリザルトを達成できて本当にうれしい。
スタートはウェットコンディションでマシンがうまく動かず、グリップがなかったため苦労して、後方に順位を下げてしまった。
路面が乾いてきた時、ドライのオプションタイヤ(ソフト側)に換えようと決め、燃料も軽く積んだ。
その時から僕はファステストラップを次々と出しはじめ、本当に気持ちがよかった。
何回もオーバーテイクし、接戦を繰り広げ、楽しいレースだった。
今日はポイントが獲得できて、本当に満足だ」
■ルーベンス・バリチェロ 15位
「様々な状況変化の中で、決断しなければならず、残念なことに、レースは厳しいものになってしまった。
1回目のピットストップの後に雨が降り始めた時、僕らは残りのレースがウェットになると思ってもう一度ウェットタイヤを使用したが、数周後にはその選択が間違っていたとわかった。
この週末の結果にはがっかりしているが、今は2週間後に僕の母国で行われるブラジルGPを楽しみにしている」
■ジャッキー・エッケラート Honda Racing F1 Team エンジニアリング・ディレクター
「この一週間ばかりのうちに、ウェットで行われた、ここアジアでの2つのレースは、とてもチャレンジングなものだった。
今回、トラックコンディションは(スタンダード)ウェットタイヤに合っていた。
エクストリームウェットを選んだのは1チームだけで、この選択は明らかに正しいものではなかった。
レース開始時点では、われわれは燃料をたくさん積んでいたため、周りのマシンのペースについていくのが大変だった。
みんながドライタイヤに換えた後に再び雨が降り始めたため、ルーベンスはウェットを選んだ。
これは賭けだったが、雨はたった2周でやんでしまい、ルーベンスはもう1度余計にピットストップしなければならず、彼がポイントを獲得する望みは絶たれた。
ウェットタイヤにとっては路面が乾きすぎの状態になり、ジェンソンも予定より早くピットに入らなければならなかった。
そのため、われわれは1ストップ作戦の強みを活かすことができなかった。
レースの序盤、燃料積載量によりポジションを落とすことになったジェンソンは、その後の荒れたレースを走りきり、5位というポジションでフィニッシュした。
チームが再びポイントを獲得できてよかった」
[FMotorsports F1]
posted by Ayrton at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ホンダF1[Honda F1] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。