F1グッズ

2007年10月09日

中嶋一貴 ブラジルGPでウィリアムズからF1デビュー!

ヤッターヤッターヤッターマン。
決勝での走りを見たら、涙がこぼれちまうかもしれんな。

 ウィリアムズは、現地時間(以下、現地時間)9日、プレスリリースを通じ、引退を発表したアレクサンダー・ブルツに代わって、最終戦ブラジルGP(10月21日決勝)でテストドライバーの中嶋一貴がF1デビューすることを発表した。
 中嶋は日本人初のフルタイムF1ドライバー中嶋悟氏の長男で、現在22歳。
TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)ドライバーの一員で、今年はトヨタエンジンを搭載するウィリアムズのテスト及びリザーブ・ドライバーを務めていた。
また、F1の登竜門カテゴリーであるGP2シリーズにも今年初参戦し、ランキング5位の成績を収め、ルーキー・オブ・ザ・イヤーのタイトルを獲得している。
ウィリアムズの今季型マシン『FW29』ではテストで7000km以上を走行し、グランプリ金曜日のフリー走行にも5回出走している。
 また、プレスリリースには今回の起用は中嶋自身の経験を積ませるためのもので、2008年のレースシート獲得のための評価ではないと明記されている。
 ウィリアムズのチーム代表フランク・ウィリアムズ氏は「1レースだけを基準にしてドライバーの才能を評価できないが、今回はカズキが経験を積むには理想的な機会だ。彼がとても熟練して集中したやり方でレースに取り組むだろうと私は自信を持っている」と、期待を寄せている。
 これで日本人初の親子2代に渡ってのF1ドライバーが誕生することになるが、中嶋は「僕にこの機会を与えてくれたチームにとても感謝しています。ここ最近では上海でも金曜日にある程度ドライブできたおかげで、今はマシンのことをよくわかっていると思いたいです。これは僕が両手でつかみたいと思っていたチャンスで、力強いパフォーマンスを見せることでチームの信頼に恩返ししたいです」とF1デビューの喜びを語っている。
【中嶋一貴:プロフィール】
名前 中嶋一貴 Kazuki Nakajima
主なレース歴 02年全日本カート競技選手権FAクラス 3位、03年フォーミュラ・トヨタ チャンピオン、04〜05年全日本F3選手権参戦(04年全日本F3選手権 5位、05年全日本F3選手権 2位)、05年SUPER GT(500クラス) 8位、06年F3ユーロシリーズ 7位、07年GP2シリーズ 5位(表彰台6回、ポールポジション1回)、ウィリアムズ・テストドライバー
生年月日 1985年1月11日
国籍 日本(愛知県)
身長 175cm
体重 62kg
婚姻の有無 独身
※上記プロフィールは中嶋一貴の公式ホームページより
[ISM]

2007年10月9日
トヨタ自動車(株)
モータースポーツ推進室
TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)レポート (特別号)
中嶋一貴、F1ブラジルGPでウィリアムズF1チームよりレース出場
 10月21日(日)にブラジル・サンパウロ市のインテルラゴス・サーキットで開催されるF1第17戦(最終戦)ブラジルGPに、TDPドライバー中嶋一貴が、ウィリアムズF1チームよりレースに出場することが決定した。
 中嶋一貴は今シーズン、ウィリアムズF1チームのテストドライバーを担当し、第1戦オーストラリアGP、第2戦マレーシアGPと第6戦カナダGP、第7戦アメリカGP、そして先週行われた第16戦中国GPでも、金曜日の公式練習第1回目で走行した。
同時にTDPドライバーとしてGP2シリーズに参戦。ポールポジション1回、6回の表彰台を含む活躍を見せ、シーズンランキング5位となっている。
トヨタ自動車(株)モータースポーツ部主査 林博美
「中嶋一貴にF1レース参戦のチャンスを与えて頂き、ウィリアムズF1チームに大変感謝している。
今回の参戦は来シーズンのドライバー選定とは直接関係はないと聞いているが、折角頂いた機会なので、若者らしく、失敗を恐れず、自分の力を発揮してもらいたい」
中嶋一貴 プロフィール
愛知県出身 22歳
1996 カートレースデビュー
1997 鈴鹿選手権シリーズRSOクラス参戦
1998 鈴鹿選手権シリーズICAクラス参戦 シリーズ2位
1999 鈴鹿選手権シリーズICAクラス参戦 シリーズチャンピオン
2000 鈴鹿選手権シリーズFAクラス参戦 シリーズ2位
2001 全日本選手権シリーズFAクラス参戦 シリーズ7位
フォーミュラトヨタ・レーシングスクール受講 最終選考会に残るも選に漏れる
2002 全日本選手権FAクラス参戦 シリーズ3位
フォーミュラトヨタ・レーシングスクール受講 スカラシップ生に選出される
2003 フォーミュラトヨタシリーズ参戦 シリーズチャンピオン
日本人として最年少でのシリーズチャンピオンとなる
TDPスカラシップ生としても初のFTチャンピオンとなる
2004 全日本F3選手権参戦 デビューから2戦連続優勝を果たす
2005 全日本F3選手権参戦 2勝を上げシリーズ2位
SUPER GT参戦 1勝、1ポールポジションを獲得しシリーズ8位
2006 F3ユーロシリーズ参戦 シリーズ7位
2007 GP2参戦 シリーズ5位(表彰台6回、ポールポジション1回)
ウィリアムズF1チーム テストドライバー
[FMotorsports F1]
posted by Ayrton at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 中嶋一貴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。