F1グッズ

2005年09月09日

F1 ベルギーGP金曜フリー走行

ベルギーGP金曜フリー走行1
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 K・ライコネン マクラーレン 1:48.206 5
2 A・ブルツ マクラーレン 1:48.216 18
3 G・フィジケラ ルノー 1:48.619 6
4 R・ゾンタ トヨタ 1:49.445 22
5 M・ウェーバー ウィリアムズ 1:49.692 4
6 J・バトン BAR 1:49.890 7
7 J・トゥルーリ トヨタ 1:50.542 9
8 M・シューマッハ フェラーリ 1:50.564 4
9 R・シューマッハ トヨタ 1:50.820 8
10 V・リウッツィ レッドブル 1:50.951 17
11 佐藤 琢磨 BAR 1:51.003 7
12 R・バリチェロ フェラーリ 1:51.177 5
13 J・ヴィルヌーヴ ザウバー 1:52.173 7
14 F・マッサ ザウバー 1:52.236 9
15 N・カーティケヤン ジョーダン 1:53.148 9
16 A・ピッツォニア ウィリアムズ 1:53.535 4
17 C・アルバース ミナルディ 1:53.807 9
18 N・キエーザ ジョーダン 1:54.437 17
19 R・ドーンボス ミナルディ 1:54.973 8
20 T・モンテイロ ジョーダン 1:55.174 7
21 E・トカセロ ミナルディ 2:02.502 5
22 D・クルサード レッドブル no time 1
23 C・クリエン レッドブル no time 1
24 F・アロンソ ルノー no time 0
25 J・P・モントーヤ マクラーレン no time 0

ベルギーGP金曜フリー走行2
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 V・リウッツィ レッドブル no time 1
2 R・ドーンボス ミナルディ no time 1
3 F・アロンソ ルノー no time 1
4 M・シューマッハ フェラーリ no time 0
5 R・バリチェロ フェラーリ no time 0
6 J・バトン BAR no time 0
7 佐藤 琢磨 BAR no time 0
8 G・フィジケラ ルノー no time 0
9 M・ウェーバー ウィリアムズ no time 0
10 A・ピッツォニア ウィリアムズ no time 0
11 K・ライコネン マクラーレン no time 0
12 J・P・モントーヤ マクラーレン no time 0
13 J・ヴィルヌーヴ ザウバー no time 0
14 F・マッサ ザウバー no time 0
15 D・クルサード レッドブル no time 0
16 C・クリエン レッドブル no time 0
17 J・トゥルーリ トヨタ no time 0
18 R・シューマッハ トヨタ no time 0
19 T・モンテイロ ジョーダン no time 0
20 N・カーティケヤン ジョーダン no time 0
21 C・アルバース ミナルディ no time 0
22 A・ブルツ マクラーレン no time 0
23 R・ゾンタ トヨタ no time 0
24 N・キエーザ ジョーダン no time 0
25 E・トカセロ ミナルディ no time 0
[F1Racing.jp]


ベルギーGPが始まったんですが、雨が降った為、フリー走行2回目は、全員ノータイムということらしいです。
まぁ、スパフランコルシャン・サーキットは、天候が変わりやすくて有名ですが、私の1番のお気に入りサーキットなので、出来ればドライで決勝を行ってもらいたいんだけど、こればっかりはねぇ。

Nifty F1にこんな記事が

スパにおける、雨の見極め方
ベルギーGPはアルデンヌ山中にあるスパフランコルシャン・サーキットが開催地。
山間特有の不安定な天候が名物で、グランプリ・ウィークのどこかでたいてい雨に見舞われるのが常だ。
たとえばラルフ・シューマッハは「1周する間に、ウェットとドライと両方楽しめるコース。もしもここで3日間、全然雨に降られなかったとしたら、そいつは驚きだ!」と、語る。

そこでレッドブル・レーシングはここでの雨の見極め方を次のように紹介している。

「あなたがスパのパドックに立って……
・もし木を見ることができなければ、それはいま雨が降っているということ。
・もし木が見ることができたならば、それはまもなく雨が降ってくるということ。

・もしサーキット脇に雌牛が立っていたならば、30分ほどは雨は降らないということ。
・もしサーキット脇に雌牛が横たわっていたならば、いま雨が降っているということ。
・もしサーキット脇に雌牛が横たわり、なおかつ足を空中に投げ出していたならば、その雌牛は死んでいるということ」
だそうです。


posted by Ayrton at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | F1レース2005[TV観戦] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。