F1グッズ

2008年02月10日

セパン・サーキットもナイトレース模策

今シーズン、初開催のシンガポールGP(9月28日決勝)がF1史上初となるナイトレースで行われるが、マレーシアのSIC(セパン国際サーキット)においても同様にナイトレースでの開催に向け検討が始まっていることを認めた。
同サーキットのダトゥク・マハティール代表はタイの『バンコク・ポスト』紙に対し「シンガポールやアルバートパークと比べ、ウチはパーマネント・サーキットだから照明に掛かるコストの回収は容易だ」と、釈明する。
観客の不入りに悩むマレーシアGPは、もともと隣国シンガポールで新規開催が決まったにもかかわらず2015年まで開催延長が決定、この時点でバーニー・エクレストン氏率いるFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)との間で何らかの密約があったものと推定されていた。
今後、エクレストン氏がさらに同じく時差の大きい中国GPや日本GPにもナイトレースを迫ってくるのか注目される。
[FMotorsports F1]
posted by Ayrton at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。