F1グッズ

2008年03月03日

英紙、マクラーレン代表R.デニス氏が退任間近と報じる

 現地時間(以下、現地時間)2日、イギリスの新聞『サンデー・タイムズ』紙が、マクラーレン・メルセデスのチーム代表ロン・デニス氏が、間もなく退任すると報じた。
 同紙はR.デニス氏に近い人物からの情報として、家庭を理由に今週にもR.デニス氏の退任が発表されると伝えている。
R.デニス氏は先月、22年連れ添ったリサ夫人と離婚。
今後は2人の子供と過ごす時間を増やすため、生活を変えたいと望んでいるという。
後任として、現チームCEOのマーティン・ウィットマーシュ氏の名が挙がった。
 R.デニス氏は本来、昨シーズン末に代表の座を退く予定だったが、スパイ事件が起こったため先送りにしたとも記されている。
今年に入り、1月に行なわれた新車発表会の場では、一連のスキャンダルの引責辞任を求める声に対し、「我々はどんなことをすべきか、どこへ向かおうとしているのかわかっており、将来に向けて非常に集中している。それはとても簡単なことなんだよ。形態に関しては、客観的な変化はない」と、辞任しない意向を見せていた。
 2月には、スペイン紙による「R.デニス氏解雇」の報道もあったが、マクラーレンはこれを否定したとされている。
F1界にマクラーレンという強力なチームを造り上げたR.デニス氏だけに、今後の動向に注目が集まる。
[ISM]
posted by Ayrton at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。