F1グッズ

2008年04月16日

バルセロナテスト2日目

バルセロナテスト2日目は、新しいウイングをテストしたホンダのルーベンス・バリチェロがファステストラップを記録した。
バリチェロは引き続きブリヂストンのスリックタイヤをテストし、1分18秒928のタイムで2番手のジャンカルロ・フィジケラにコンマ8秒の差をつけた。
フィジケラのタイムもスリックタイヤを履いた時のものである。
3番手のフェリペ・マッサは、通常の溝つきタイヤでバリチェロから1秒3遅れのタイムを記録している。
4番手のデビッド・クルサードはスリックタイヤ、続くフェルナンド・アロンソとルイス・ハミルトンは溝つきタイヤでのタイムとなっている。
アロンソは新しい空力パッケージをテストし、最多の118ラップを走行した。
彼はマッサとのタイム差をコンマ4秒まで詰めている。
ニコ・ロズベルグは7位となり、ティモ・グロックとニック・ハイドフェルドが彼に続いた。
水曜日はミハエル・シューマッハがテストに参加する予定だ。
カタロニア - スペイン 15 04 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 R・バリチェロ ホンダ 01:18.928 77
2 G・フィジケラ フォースインディア 01:19.721 79
3 F・マッサ フェラーリ 01:20.283 113
4 D・クルサード レッドブル 01:20.392 87
5 L・ハミルトン マクラーレン 01:20.452 96
6 F・アロンソ ルノー 01:20.616 118
7 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:20.800 115
8 T・グロック トヨタ 01:20.870 112
9 N・ハイドフェルド BMW 01:20.981 97
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

バルセロナテスト1日目

 バルセロナテスト1日目は、フェラーリのフェリペ・マッサがファステストラップを記録した。
マッサはスリックタイヤで1分18秒339のタイムを記録し、2番手のアレクサンダー・ブルツに3秒もの差をつけた。
フェラーリはまた、新しいフロントウイングを導入している。
月曜日に初日を迎えたバルセロナテストでは、ブリヂストンが来シーズンからF1で使用される予定のスリックタイヤを持ち込み、データを集めるために全チームがテストを行った。
フェラーリのマッサとマクラーレンのペドロ・デ・ラ・ロサとの間に大きなタイム差があるのは、マクラーレンが2009年シーズンに使用するリアウイングをテストしたためだと思われる。
新しいレギュレーションによりリアウイングはダウンフォースが削減され、これによりコーナーでのスピードも削減されることになる。
テストでは数回の赤旗によりセッションが中断された。ティモ・グロック、ニック・ハイドフェルド、中嶋一貴らがスピンを喫してグラベルにクルマを止めている。
カタロニア - スペイン 14 04 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 F・マッサ フェラーリ 01:18.339 77
2 A・ブルツ ホンダ 01:21.059 75
3 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:21.566 113
4 N・ハイドフェルド BMW 01:21.679 105
5 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:22.125 69
6 D・クルサード レッドブル 01:22.197 59
7 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:22.431 72
8 T・グロック トヨタ 01:22.590 92
9 V・リウッツィ フォースインディア 01:22.846 91
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

バルセロナテスト最終日

2008年F1シーズンに向けた最後のテストの日に、ヤルノ・トゥルーリがファステストラップを出し、トップに立った。
彼は、首のケガから復帰したデビッド・クルサードと、ニコ・ロズベルグを大きく上回り、1分20秒801の最速タイムを記録した。
水曜日は、シーズン開幕前の最後のテストの最終日だった。
カタルーニャサーキットでは、スーパーアグリを除くすべてのチームがテストを行い、多くの周回を重ねて、クルマの最終調整をするためにできる限り多くのデータを収集した。
コース上で止まったり、グラベルに飛び出したりしたクルマがあったため、この日は何度もセッションが中断された。しかし、大きな事故はなかった。
カタロニア - スペイン 27 02 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 J・トゥルーリ トヨタ 01:20.801 83
2 D・クルサード レッドブル 01:21.258 76
3 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:21.293 77
4 H・コヴァライネン マクラーレン 01:21.309 87
5 M・ウェーバー レッドブル 01:21.368 91
6 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:21.443 114
7 F・アロンソ ルノー 01:21.454 128
8 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:21.796 124
9 K・ライコネン フェラーリ 01:21.933 80
10 L・ハミルトン マクラーレン 01:22.011 88
11 T・グロック トヨタ 01:22.155 49
12 G・フィジケラ フォースインディア 01:22.233 90
13 F・マッサ フェラーリ 01:22.286 49
14 R・クビサ BMW 01:22.299 93
15 S・ボーデ トロロッソ 01:22.465 79
16 A・スーティル フォースインディア 01:22.521 97
17 N・ハイドフェルド BMW 01:22.624 61
18 A・ブルツ ホンダ 01:24.154 82
19 J・バトン ホンダ 01:24.275 73
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

バルセロナテスト2日目

火曜日にカタルーニャサーキットで行われたテストで、前日に続いてまたもやハミルトンがトップに立った。
彼のベストタイムは1分21秒234で、2番手だったチームメイトのヘイッキ・コヴァライネンより0.2秒速かった。
火曜日は3日間のバルセロナテストの2日目だった。
またこのテストは、メルボルンで行われる2008年の開幕戦前の最後のテストでもある。
ウィリアムズはロズベルグが4番手に入り、速さを見せた。
一方、2007年はほとんどグリッドの最後尾を占めていたフォースインディアが、この日もフィジケラがトップ10に入る6番手タイムを記録して、パドックの人々を驚かせた。
セバスチャン・ヴェッテルは、首を傷めたデビッド・クルサードに代わってレッドブルのRB4をドライブし、マーク・ウェーバーを1秒近く上回るタイムをたたき出した。
カタロニア - スペイン 26 02 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 L・ハミルトン マクラーレン 01:21.234 81
2 H・コヴァライネン マクラーレン 01:21.434 68
3 K・ライコネン フェラーリ 01:21.722 72
4 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:22.309 75
5 F・マッサ フェラーリ 01:22.513 102
6 G・フィジケラ フォースインディア 01:22.516 102
7 S・ヴェッテル レッドブル 01:22.588 109
8 R・クビサ BMW 01:22.625 94
9 J・バトン ホンダ 01:22.659 67
10 V・リウッツィ フォースインディア 01:22.942 89
11 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:22.977 100
12 J・トゥルーリ トヨタ 01:23.023 98
13 F・アロンソ ルノー 01:23.112 77
14 R・バリチェロ ホンダ 01:23.169 74
15 N・ハイドフェルド BMW 01:23.284 77
16 S・ボーデ トロロッソ 01:23.323 98
17 M・ウェーバー レッドブル 01:23.458 58
18 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:23.467 45
19 T・グロック トヨタ 01:23.561 80
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

バルセロナテスト1日目

2週目を迎えたバルセロナテストは月曜日から再びスタートし、ルイス・ハミルトンがファステストラップを記録した。
ハミルトンは1分22秒276のタイムでトップに立ち、フェラーリのキミ・ライコネンとミハエル・シューマッハが続いた。
F1チームは最後の合同テストをバルセロナ近郊のカタルーニャサーキットで開始した。
しかし、スーパーアグリチームの姿はサーキットになかった。
チームは将来について交渉を行うことを理由にテストをキャンセルすることを月曜日の午前に発表した。
現地の天候は決して良くはなかった。
トラックは一日中湿った状態が続いたため、ドライバーたちにとってはトラックコンディションに慣れるのが難しかったようだ。
フェラーリではミハエル・シューマッハがテストに参加し、F2008マシンを初めてドライブした。
フォースインディアは、エイドリアン・スーティルとヴィタントニオ・リウッツィが新車VJM01マシンでの初走行を行った。
両ドライバーは11番手と13番手のタイムをマークし、進歩を遂げていることを証明した。
カタロニア - スペイン 25 02 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 L・ハミルトン マクラーレン 01:22.276 78
2 K・ライコネン フェラーリ 01:22.319 82
3 M・シューマッハ フェラーリ 01:22.428 83
4 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:22.724 54
5 H・コヴァライネン マクラーレン 01:22.852 71
6 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:22.974 108
7 F・アロンソ ルノー 01:23.021 79
8 N・ハイドフェルド BMW 01:23.075 75
9 M・ウェーバー レッドブル 01:23.091 62
10 S・ヴェッテル トロロッソ 01:23.115 71
11 A・スーティル フォースインディア 01:23.188 95
12 C・クリエン BMW 01:23.239 43
13 V・リウッツィ フォースインディア 01:23.270 70
14 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:23.442 42
15 T・グロック トヨタ 01:23.609 86
16 小林 可夢偉 トヨタ 01:23.880 29
17 R・バリチェロ ホンダ 01:24.460 115
18 A・ブルツ ホンダ 01:24.667 109
19 D・クルサード レッドブル 01:24.826 25
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

バルセロナテスト3日目

バルセロナテスト3日目は、好調を維持するウィリアムズの中嶋一貴がファステストラップを記録した。
3日目は天候が安定し、これまで湿っていたトラックは午前のうちに乾いた。マクラーレンのヘイッキ・コヴァライネンとペドロ・デ・ラ・ロサが2番手と3番手に続いた。
中嶋は午後のみの走行により32周しか走れなかったが、1分22秒153のトップタイムを記録した。
フェリペ・マッサは4番手となり、多くのロングランをこなして力強いペースを証明した。
中嶋のチームメイトのニコ・ロズベルグは5番手に入り、レッドブルの2台が彼に続いた。
その後にはルカ・バドエル、フェルナンド・アロンソ、ティモ・グロックが続き、ここまでがトップ10となっている。
テスト中はアロンソ、コヴァライネンらが赤旗の原因を作り、セッションが中断した。
グロックはスピンを喫したがクルマにダメージはなかった。
カタロニア - スペイン 21 02 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:22.153 32
2 H・コヴァライネン マクラーレン 01:22.185 64
3 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:22.208 92
4 F・マッサ フェラーリ 01:22.213 95
5 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:22.248 108
6 M・ウェーバー レッドブル 01:22.477 81
7 D・クルサード レッドブル 01:22.499 102
8 L・バドエル フェラーリ 01:22.535 102
9 F・アロンソ ルノー 01:22.657 61
10 T・グロック トヨタ 01:22.901 109
11 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:23.286 104
12 小林 可夢偉 トヨタ 01:24.132 56
13 N・ヒュルケンベルグ ウィリアムズ 01:24.222 59
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

バルセロナテスト2日目

水曜日のバルセロナテストで、フェラーリのフェリペ・マッサがトップに立った。
彼は46周を走行し、1分30秒673のタイムをマークしている。
スペインはこの日も天気が悪かった。
火曜日は多くのチームがほとんど走行をしなかったが、水曜日はマクラーレンを除くすべてのチームがしっかりテストを行った。
マクラーレンはテストでの走行距離を節約するため、走行を行わなかった。
ウィリアムズのロズベルグはピットストップの練習を何度も行っていた。
カタロニア - スペイン 20 02 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 F・マッサ フェラーリ 01:30.673 46
2 M・ウェーバー レッドブル 01:31.213 43
3 L・バドエル フェラーリ 01:31.288 33
4 D・クルサード レッドブル 01:31.654 44
5 F・アロンソ ルノー 01:31.731 28
6 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:31.963 97
7 T・グロック トヨタ 01:32.407 33
8 J・トゥルーリ トヨタ 01:32.571 47
9 N・ヒュルケンベルグ ウィリアムズ 01:33.102 13
10 中嶋 一貴 ウィリアムズ 00:00.000 1
11 N・ピケ・ジュニア ルノー 00:00.000 1
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

バルセロナテスト1日目

火曜日にカタルーニャサーキットで行われたテストで、ウィリアムズF1チームのニコ・ロズベルグがトップタイムを記録した。
彼は73周を走破し、3日間のテストの初日にトップを飾った。
この日は4チームがバルセロナへ出向き、3日間のテストを開始した。
しかし、この日十分なテストができたのはウィリアムズF1チームだけだった。
同チームのニコ・ロズベルグと中嶋一貴は、それぞれ73周と96周を走行した。
レッドブルのマーク・ウェーバーとデビッド・クルサードはそれぞれ26周と22周を走行し、3位と5位となった。
ルノーはフェルナンド・アロンソとネルソン・ピケ・ジュニアがわずか数周を走行しただけに終わった。
アロンソは16周、ピケは8周しか走っていない。
水曜日は、フェラーリとマクラーレンがテストに加わることになっている。
カタロニア - スペイン 19 02 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:30.675 73
2 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:32.370 96
3 M・ウェーバー レッドブル 01:32.599 26
4 F・アロンソ ルノー 01:32.820 16
5 D・クルサード レッドブル 01:32.924 22
6 J・トゥルーリ トヨタ 01:33.283 57
7 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:40.073 8
8 小林 可夢偉 トヨタ 00:00.000 1
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

ヘレステスト最終日

最終日となったヘレステストは、新しいホイールカバーをテストして注目を集めたマクラーレンのヘイッキ・コヴァライネンがファステストラップを記録した。
2番手にはコンマ5秒差でデビッド・クルサードが続き、3番手には好調を維持するウィリアムズの中嶋一貴が入った。
最終日は16人のドライバーがテストに参加した。
ルイス・ハミルトンは4番手となり、クビサ、ヴェッテル、ピケ・ジュニア、ボーデ、ハイドフェルド、ウェーバーの順となった。
ホンダは依然として苦戦が続き、バトンが12位、ブルツが16位に終わっている。
ヴェッテルは午後にコース上にクルマを止めて赤旗の原因を作り、直後にウィリアムズのテストドライバーのニコ・ヒュルケンベルグもクルマを止めた。
ヘレス - スペイン 14 02 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 H・コヴァライネン マクラーレン 01:17.974 96
2 D・クルサード レッドブル 01:18.485 107
3 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:19.117 90
4 L・ハミルトン マクラーレン 01:19.429 83
5 R・クビサ BMW 01:19.535 129
6 S・ヴェッテル トロロッソ 01:19.688 53
7 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:19.817 134
8 S・ボーデ トロロッソ 01:19.848 101
9 N・ハイドフェルド BMW 01:19.934 116
10 M・ウェーバー レッドブル 01:19.980 107
11 G・フィジケラ フォースインディア 01:20.669 89
12 J・バトン ホンダ 01:20.988 121
13 A・デビッドソン スーパー アグリ 01:21.010 103
14 N・ヒュルケンベルグ ウィリアムズ 01:21.116 71
15 L・ディ・グラッシ ルノー 01:21.286 73
16 A・ブルツ ホンダ 01:21.605 103
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

ヘレステスト3日目

 水曜日のヘレステストでは、レッドブルのマーク・ウェーバーがファステストラップを記録した。
ウェーバーは1分18秒628のタイムでトップに立ち、ウィリアムズのニコ・ロズベルグにコンマ4秒の差をつけた。
3番手には中嶋一貴が入っている。
フェルナンド・アロンソがテストに加わり、ヘレスには多くのファンが詰め掛けた。
アロンソは4番手に入り、BMWのロベルト・クビサが彼に続いた。
前日にトップタイムを出したルイス・ハミルトンは6番手となり、デビッド・クルサードは午前のセッションでコースオフを喫してクルマを止めたが7番手タイムをマークしている。
午後のセッションではネルソン・ピケ・ジュニアがクルマを止めた。
トロロッソ、スーパーアグリ、フォースインディア、ホンダもテストを行ったが、いずれもタイムシートの下位に終わっている。
ヘレス - スペイン 13 02 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 M・ウェーバー レッドブル 01:18.628 72
2 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:19.091 98
3 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:19.215 91
4 F・アロンソ ルノー 01:19.710 104
5 R・クビサ BMW 01:19.829 116
6 L・ハミルトン マクラーレン 01:19.857 68
7 D・クルサード レッドブル 01:19.883 97
8 S・ヴェッテル トロロッソ 01:19.889 114
9 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:20.014 110
10 H・コヴァライネン マクラーレン 01:20.152 84
11 N・ハイドフェルド BMW 01:20.201 109
12 S・ボーデ トロロッソ 01:20.536 76
13 J・バトン ホンダ 01:21.147 85
14 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 01:21.376 101
15 R・バリチェロ ホンダ 01:21.710 58
16 A・スーティル フォースインディア 01:22.244 86
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

ヘレステスト2日目

今日ヘレスで行われたテストで、ルイス・ハミルトンが1分19秒102のタイムで16人のドライバーのトップに立った。
2番手は0.1秒遅れでマクラーレンのテストドライバーのペドロ・デ・ラ・ロサ、3番手は0.4秒遅れでBMWのロベルト・クビサだった。
先にスペインでテストを開始していたウィリアムズとレッドブルに、この日はフェラーリとトヨタを除く7チームが加わった。
ウィリアムズはフロントウィングのトラブルを解決し、中嶋一貴がルノーのネルソン・ピケ・ジュニアを抑えて4番手に入った。
ハイドフェルドはこの日小さなトラブルが続発してテストを妨げられたが、6位となった。
月曜日にトップだったマーク・ウェーバーは、革新的なエンジンカバーのクルマで7番手に入った。
今日はそのほかにトロロッソのヴェッテルが9位、ホンダのバリチェロとブルツがそれぞれ12位と16位だった。
また、スーパーアグリの佐藤とフォースインディアのリウッツィもテストに参加していた。
ヘレス - スペイン 12 02 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 L・ハミルトン マクラーレン 01:19.102 89
2 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:19.287 88
3 R・クビサ BMW 01:19.539 91
4 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:19.601 93
5 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:19.660 120
6 N・ハイドフェルド BMW 01:19.958 94
7 M・ウェーバー レッドブル 01:20.013 113
8 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:20.029 125
9 S・ヴェッテル トロロッソ 01:20.105 53
10 D・クルサード レッドブル 01:20.176 111
11 S・ボーデ トロロッソ 01:20.418 82
12 R・バリチェロ ホンダ 01:21.133 71
13 L・ディ・グラッシ ルノー 01:21.200 92
14 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 01:21.400 90
15 V・リウッツィ フォースインディア 01:21.553 103
16 A・ブルツ ホンダ 01:21.950 86
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

ヘレステスト1日目

 月曜日にスタートしたヘレステストは、レッドブルのデビッド・クルサードがトップに立った。
テスト初日はレッドブルとウィリアムズのレースドライバー4人が参加し、クルサードは1分20秒641のタイムを記録している。
2番手にはチームメイトのマーク・ウェーバーが続いた。
ウェーバーはクルサードから0.15秒差となり、この日最も多い112周を走行した。
ウィリアムズの中嶋一貴は3番手となり、ニコ・ロズベルグを上回った。
ヘレス - スペイン 11 02 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 D・クルサード レッドブル 01:20.641 91
2 M・ウェーバー レッドブル 01:20.807 112
3 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:20.834 102
4 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:21.096 69
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バーレーンテスト最終日

最終日を迎えたバーレーンテストは、フェラーリのフェリペ・マッサがファステストラップを記録した。
引き続きフェラーリとトヨタの4人のドライバーがテストを行い、生産的な一日を過ごした。
マッサは最も多い91周を走行し、1分31秒189のタイムでコンマ1秒差でティモ・グロックを上回った。
キミ・ライコネンは85周を走行し、マッサから0.15秒遅れの3位となった。
チームはテスト最終日で900km以上の距離を走り、これは約3レース分に相当する。
ヤルノ・トゥルーリは4回ほどコースオフを喫している。
サクヒール - バーレーン 11 02 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 F・マッサ フェラーリ 01:31.189 91
2 T・グロック トヨタ 01:31.209 71
3 K・ライコネン フェラーリ 01:31.329 85
4 J・トゥルーリ トヨタ 01:31.689 86
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

バーレーンテスト2日目

 現在行われているバーレーンテストで、キミ・ライコネンが今日もまたチームメイトのフェリペ・マッサを上回り、最速タイムを記録した。
しかし、フェラーリの2人はこの日、順調にテストを終えたわけではなく、信頼性の問題に直面している。
ライコネンはハイドロリックのトラブル、マッサはエンジントラブルに見舞われた。
ライコネンのタイムは1分30秒ちょうどで、マッサより0.1秒速く、トヨタの2台よりは0.8秒速かった。
トヨタの2台は合わせて180周以上も走ったが、トゥルーリは3番手、グロックが4番手だった。
サクヒール - バーレーン 10 02 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 K・ライコネン フェラーリ 01:30.015 61
2 F・マッサ フェラーリ 01:30.190 70
3 J・トゥルーリ トヨタ 01:30.944 91
4 T・グロック トヨタ 01:31.213 93
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バーレーンテスト1日目

サクヒール - バーレーン 9 02 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 K・ライコネン フェラーリ 01:30.914 66
2 F・マッサ フェラーリ 01:31.174 53
3 J・トゥルーリ トヨタ 01:32.382 73
4 T・グロック トヨタ 01:32.762 75
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

バーレーンテスト3日目

 フェラーリとトヨタは水曜日にバーレーン・インターナショナルサーキットにてテスト3日目を完了させ、キミ・ライコネンが再びトップタイムを記録した。
両チームはセットアップの比較とパーツ開発を集中的に行った。
フェラーリではフェリペ・マッサがルカ・バドエルから作業を引継ぎ、トヨタではヤルノ・トゥルーリと小林可夢偉がテストを行った。
両チームはバーレーンにとどまり、土曜日から再びテストを再開する予定だ。
サクヒール - バーレーン 6 02 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 K・ライコネン フェラーリ 01:30.455 74
2 F・マッサ フェラーリ 01:31.293 73
3 J・トゥルーリ トヨタ 01:32.145 97
4 小林 可夢偉 トヨタ 01:32.265 53
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

バーレーンテスト2日目

火曜日に2日目を迎えたバーレーンテストは、フェラーリのキミ・ライコネンが再びファステストラップを記録した。
ライコネンは約80周を走行し、チームメイトやトヨタのドライバーたちに2秒の差をつけた。
バーレーン・インターナショナルサーキットでは引き続きフェラーリとトヨタがテストを行い、フェラーリはライコネンとルカ・バドエルが、トヨタはヤルノ・トゥルーリとティモ・グロックがテストに参加した。
トヨタはメカニカルトラブルのためにテストが完璧にいかなかった。
「クルマにトラブルが起きたため厳しい一日だったよ。残念ながら直るまでガレージで待つことになったけれど、これもテストの一部だからね」と、トゥルーリは語った。
「もちろん理想的ではないけれど、まだ日数はあるのだからクルマのバランスや動きをより理解するために作業を行うつもりだよ。今はまだ準備の初期段階だから、アップデートやパフォーマンスを引き出す作業を行っているところなんだ」
サクヒール - バーレーン 5 02 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 K・ライコネン フェラーリ 01:30.595 77
2 L・バドエル フェラーリ 01:32.230 64
3 T・グロック トヨタ 01:32.889 71
4 J・トゥルーリ トヨタ 01:33.379 60
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:39| Comment(1) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バーレーンテスト1日目

多くのF1チームがヨーロッパに留まってシーズンに向けた準備をしているが、フェラーリとトヨタは今週バーレーンインターナショナルサーキットで6日間のテストを行っている。
テスト初日の今日は、フェラーリのキミ・ライコネンが最速タイムを記録した。
バーレーンでは月曜日、4人のドライバーがテストを行った。
フェラーリからはキミ・ライコネンとルカ・バドエルが、トヨタからはティモ・グロックと小林可夢偉が参加して、距離を重ねた。
両チームは火曜日もテストを続ける。
サクヒール - バーレーン 4 02 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 K・ライコネン フェラーリ 01:32.079 68
2 L・バドエル フェラーリ 01:33.323 72
3 T・グロック トヨタ 01:33.418 72
4 小林 可夢偉 トヨタ 01:33.656 62
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

バルセロナテスト3日目

日曜日が最終日となったバルセロナテストは、レッドブルのマーク・ウェーバーがファステストラップを記録した。
ウェーバーは新車のRB4で力強いペースを発揮している。
ウェーバーの後ろにはマクラーレンのヘイッキ・コヴァライネンとルイスハミルトンが続いた。
4番手にはBMWのロベルト・クビサが入り、グリップを得た新車はペースを改善し続けていることを証明した。
ルノーのフェルナンド・アロンソは5番手となり、ハイドフェルド、ボーデ、クルサードピケ・ジュニア、ヴェッテルが続いた。
ホンダは依然としてペースに苦しみ、バリチェロが11位、バトンが13位でセッションを終えている。
これでバルセロナテストは完了し、今回参加しなかったフェラーリとトヨタは月曜日からバーレーンにて3日間のテストを開始する予定だ。
カタロニア - スペイン 3 02 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 M・ウェーバー レッドブル 01:22.385 65
2 H・コヴァライネン マクラーレン 01:22.422 67
3 L・ハミルトン マクラーレン 01:22.459 92
4 R・クビサ BMW 01:22.492 83
5 F・アロンソ ルノー 01:22.509 63
6 N・ハイドフェルド BMW 01:22.874 79
7 S・ボーデ トロロッソ 01:22.887 80
8 D・クルサード レッドブル 01:23.889 81
9 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:23.039 64
10 S・ヴェッテル トロロッソ 01:23.232 74
11 R・バリチェロ ホンダ 01:23.795 84
12 A・スーティル フォースインディア 01:23.800 86
13 J・バトン ホンダ 01:23.808 85
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

バルセロナテスト2日目

土曜日に2日目を迎えたバルセロナテストは、トロロッソのセバスチャン・ヴェッテルがファステストラップを記録した。
ヴェッテルはBスペックマシンでテストを行い、彼の後にはマクラーレンのルイス・ハミルトンとヘイッキ・コヴァライネンが続いた。
2日目の土曜日も8チームがテストを継続したが、セッションでは数回の赤旗が振られた。
トラック上でクルマを止めたのは、ヴェッテル、クビサ、バトン、ボーデだった。
バルセロナサーキットには2万人のファンが詰め掛けた。テストは日曜日に最終日を迎える。
カタロニア - スペイン 2 02 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ ime Laps
1 S・ヴェッテル トロロッソ 01:21.679 89
2 S・ボーデ トロロッソ 01:21.782 88
3 L・ハミルトン マクラーレン 01:22.135 80
4 H・コヴァライネン マクラーレン 01:22.511 70
5 R・クビサ BMW 01:22.833 90
6 F・アロンソ ルノー 01:22.938 115
7 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:23.002 115
8 M・ウェーバー レッドブル 01:23.020 75
9 N・ハイドフェルド BMW 01:23.070 94
10 D・クルサード レッドブル 01:23.322 85
11 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:23.347 34
12 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:23.948 40
13 J・バトン ホンダ 01:23.959 58
14 V・リウッツィ フォースインディア 01:24.263 61
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

バルセロナテスト1日目

金曜日に行われたバルセロナテスト1日目は、マクラーレンのルイス・ハミルトンがファステストラップを記録した。
ハミルトンは1分22秒263のタイムを記録し、2番手のフェルナンド・アロンソにコンマ5秒の差をつけた。
また、レッドブルは新しいエンジンカバーを導入し、テストを行った。
今回のバルセロナテストには8チームが参加し、3日間のテストを行う予定だ。
初日のセッションでは数回のクラッシュが起きた。
ウィリアムズの中嶋一貴はターン1に入った際に高速クラッシュを喫し、頭からタイヤバリアに突っ込んでしまったが、幸いにも無傷でクルマを降りている。
クラッシュの原因はウイングにあると考えられているが、チームは問題が解決するまで走行を取り止めた。
その他では、フォースインディアのジャンカルロ・フィジケラが4番手に入り、周囲を驚かせた。
カタロニア - スペイン 1 02 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 L・ハミルトン マクラーレン 01:22.263 82
2 F・アロンソ ルノー 01:22.889 61
3 R・クビサ BMW 01:22.983 65
4 G・フィジケラ フォースインディア 01:23.015 98
5 N・ハイドフェルド BMW 01:23.270 52
6 G・パフェ マクラーレン 01:23.349 45
7 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:23.367 44
8 S・ヴェッテル トロロッソ 01:23.387 89
9 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:23.453 12
10 D・クルサード レッドブル 01:23.491 60
11 M・ウェーバー レッドブル 01:23.547 52
12 S・ボーデ トロロッソ 01:23.836 54
13 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:23.955 35
14 R・バリチェロ ホンダ 01:24.125 53
15 A・ブルツ ホンダ 01:26.975 26
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

ヴァレンシアテスト4日目

今週行われているヴァレンシアテストの4日目は、キミ・ライコネンが昨日のトップだったマクラーレンのヘイッキ・コヴァライネンをわずかに上回ってタイムシートのトップを飾った。
同じフェラーリのフェリペ・マッサは3番手だった。
この日、南スペインのサーキットでは忙しくテストが行われたが、中嶋一貴が新車のFW30でルイス・ハミルトンを上回る4番手タイムを出して上位の3人に続き、レースドライバーとしての実力があることを示した。
新車のF1.08を走らせたロベルト・クビサにとってもいい1日で、この日は6位となってBMWを安心させた。
これにトロロッソのヴェッテルと、昨年のクルマを走らせたハイドフェルドが続いている。
この日は17人のドライバーがテストに参加したが、あと特筆すべきは、バトンがホンダの2008年の新車で走って16位に終わったことである。
リカルドトルモサーキット - スペイン 24 01 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 K・ライコネン フェラーリ 01:11.189 88
2 H・コヴァライネン マクラーレン 01:11.206 89
3 F・マッサ フェラーリ 01:11.831 96
4 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:11.971 116
5 L・ハミルトン マクラーレン 01:11.994 84
6 R・クビサ BMW 01:12.095 86
7 J・トゥルーリ トヨタ 01:12.109 96
8 S・ヴェッテル トロロッソ 01:12.526 113
9 N・ハイドフェルド BMW 01:12.600 39
10 T・グロック トヨタ 01:12.705 68
11 G・フィジケラ フォースインディア 01:12.949 93
12 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:12.973 89
13 S・ボーデ トロロッソ 01:13.060 95
14 M・ウェーバー レッドブル 01:13.133 15
15 N・ヒュルケンベルグ ウィリアムズ 01:13.306 74
16 J・バトン ホンダ 01:13.689 80
17 小暮 卓史 ホンダ 01:15.703 25
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

ヴァレンシアテスト3日目

3日目を迎えたヴァレンシアテストは、マクラーレンのヘイッキ・コヴァライネンがファステストラップを記録した。
コヴァライネンは1分11秒フラットのタイムでトップに立ち、V8エンジン導入後としては初めてラップレコードを塗り替えた。
コヴァライネンは2位のフェリペ・マッサにコンマ6秒の差をつけた。
3位にはキミ・ライコネンが入り、ルイル・ハミルトンはコヴァライネンから1秒遅れの4位となった。
マッサはメカニカルトラブルのためコース上でストップし、81周の走行に留まった。
ウィリアムズの中嶋一貴は5位となり、新車のR28を駆ったフェルナンド・アロンソが6位、ニコ・ロズベルグが7位、マーク・ウェーバーが8位となった。
その後ろにはニック・ハイドフェルド、セバスチャン・ヴェッテル、ティモ・グロックが続いている。
ルーベンス・バリチェロは新車のRA108でテストを行い、36周を走行して16位のタイムだった。
また、小暮卓史がホンダのテストに参加している。
水曜日のヴァレンシアには22000人の観客が集まり、17人のドライバーたちによるテストの様子を見守った。
リカルドトルモサーキット - スペイン 23 01 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 H・コヴァライネン マクラーレン 01:11.000 92
2 F・マッサ フェラーリ 01:11.662 81
3 K・ライコネン フェラーリ 01:11.850 108
4 L・ハミルトン マクラーレン 01:12.076 115
5 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:12.255 93
6 F・アロンソ ルノー 01:12.360 111
7 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:12.493 117
8 M・ウェーバー レッドブル 01:12.594 87
9 N・ハイドフェルド BMW 01:12.976 51
10 S・ヴェッテル トロロッソ 01:13.015 63
11 T・グロック トヨタ 01:13.129 95
12 R・クビサ BMW 01:13.230 121
13 S・ボーデ トロロッソ 01:13.307 118
14 A・スーティル フォースインディア 01:13.409 98
15 J・トゥルーリ トヨタ 01:13.547 95
16 R・バリチェロ ホンダ 01:14.588 36
17 小暮 卓史 ホンダ 01:16.761 50
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

ヴァレンシアテスト2日目

フェラーリのフェリペ・マッサが、ヴァレンシアテスト2日目の最速タイムを記録した。
彼は1分12秒182のタイムを出し、この日の他のドライバーに0.5秒以上の差をつけてトップに立った。
ウィリアムズのニコ・ロズベルグが3番手タイムを記録している。
火曜日のヴァレンシアテストは、月曜日よりもコンディションがかなり回復した中で行われた。
月曜日は濃霧のためにテストに遅れが生じたが、今日は打って変わって太陽が輝き、気温も15度前後まで上昇した。
スペインはこの日、祝日で、多くのファンがコースを訪れた。
何千人ものファンが、フェルナンド・アロンソが通過するたびに声援を送った。
2度の世界チャンピオンであるアロンソは、この日93周を走行し、マッサから約1秒遅れの1分13秒315のタイムを記録した。
アレクサンダー・ブルツはこの日、ホンダでの初めてのテストを行った。
しかし、彼にとって今日は思ったほどうまくいかない1日となった。
ブルツは今日、コース上で最も遅いドライバーとなり、午後にはエンジニアがクルマの作業をする間待たなければならなかった。
BMWでは、マルコ・アスマーが再びハンドルを握った。
アスマーは、BMWザウバーF1チームのテスト兼リザーブドライバーの候補の一人である。
イギリスF3のチャンピオンでもある彼は、44周を走行し、1分13秒669のタイムを記録した。
これは、BMWのニック・ハイドフェルドよりも0.1秒速いタイムとなる。
リカルドトルモサーキット - スペイン 22 01 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 F・マッサ フェラーリ 01:12.192 97
2 K・ライコネン フェラーリ 01:12.721 105
3 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:12.838 84
4 H・コヴァライネン マクラーレン 01:13.026 104
5 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:13.163 114
6 F・アロンソ ルノー 01:13.315 93
7 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:13.473 94
8 S・ヴェッテル トロロッソ 01:13.627 86
9 M・アスマー BMW 01:13.669 44
10 S・ボーデ トロロッソ 01:13.675 80
11 N・ハイドフェルド BMW 01:13.779 80
12 J・トゥルーリ トヨタ 01:13.820 69
13 D・クルサード レッドブル 01:13.944 82
14 T・グロック トヨタ 01:14.096 80
15 V・リウッツィ フォースインディア 01:15.095 64
16 A・ブルツ ホンダ 01:15.440 49
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

F1ヘレステスト最終日

 レステストは水曜日に最終日を迎え、トヨタのティモ・グロックがファステストラップを記録した。
トラックはほぼ一日中ウェットで、グロックのタイムは最後に乾いた際に記録されたものである。
レッドブルは新車のRB4を投入し、デビッド・クルサードがシェイクダウンを行った。
テスト最終日となった水曜日も各チームは新しいシーズンに向けた準備を整えた。
ルノーのみ木曜日も引き続きテストを行い、ワールドシリーズbyルノーのチャンピオンであるアルバロ・パレンテをテストする予定だ。
前日の夜に降った雨のせいでトラックはほぼ一日中ウェットとなり、セッション終盤まで乾かなかった。
セッションは数回中断され、ルイス・ハミルトンは午前と午後にスピンのために赤旗を出した。
クルサードは新車で54周を走行したが、終盤にエンジントラブルに見舞われた。
ウィリアムズではロズベルグに代わってテストドライバーのヒュルケンベルグが、フォースインディアではフィジケラに代わってスーティルがテストに参加している。
各チームは来週にヴァレンシアに飛んで3日間のテストを行う予定だ。
ヘレス - スペイン 16 01 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 T・グロック トヨタ 01:19.799 96
2 L・ハミルトン マクラーレン 01:20.099 73
3 F・アロンソ ルノー 01:20.363 49
4 S・ボーデ トロロッソ 01:20.407 51
5 F・マッサ フェラーリ 01:20.500 85
6 H・コヴァライネン マクラーレン 01:20.535 79
7 小林 可夢偉 トヨタ 01:20.577 53
8 K・ライコネン フェラーリ 01:20.646 88
9 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:20.758 57
10 A・スーティル フォースインディア 01:21.705 71
11 M・ウェーバー レッドブル 01:22.275 53
12 D・クルサード レッドブル 01:22.581 54
13 N・ヒュルケンベルグ ウィリアムズ 01:24.023 65
14 S・ヴェッテル トロロッソ 01:24.873 50
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

F1ヘレステスト2日目

 2日目となったヘレステストは、昨年のブラジルGP以来となるF1マシンでの走行を行ったフェルナンド・アロンソがいきなりトップタイムをたたき出した。
ルノーに復帰したアロンソは2度のタイトルを獲得したチームで居心地の良さを感じているようだ。
2日目の火曜日もヘレスサーキットではテストが継続された。
ネルソン・ピケ・ジュニアの作業を引き継いだアロンソにはルノー復帰後初走行ということで全ての視線が集まった。
「最初はちょっとためらったよ。F1マシンを最後にドライブしてからだいぶ経っていたからね。でも、チームとともに作業を始めるのが待ちきれなかったよ」と、アロンソは昼休みに語っている。
マクラーレンのペドロ・デ・ラ・ロサはアロンソに次いで2番手となり、彼は2008年用マシンで111周を走行した。
3番手にはフェラーリのキミ・ライコネンが入り、ウィリアムズのニコ・ロズベルグはアロンソからコンマ2秒遅れの4番手につけた。
フォースインディアのジャンカルロ・フィジケラはチームのレースドライバーとして初めてテストに臨んだが、アロンソから1秒遅れの12位となった。
ヘレス - スペイン 15 01 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 F・アロンソ ルノー 01:19.503 70
2 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:19.650 111
3 K・ライコネン フェラーリ 01:19.708 90
4 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:19.756 81
5 F・マッサ フェラーリ 01:19.772 85
6 H・コヴァライネン マクラーレン 01:19.780 130
7 S・ヴェッテル トロロッソ 01:20.305 86
8 S・ボーデ トロロッソ 01:20.346 76
9 M・ウェーバー レッドブル 01:20.392 80
10 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:20.526 66
11 T・グロック トヨタ 01:20.598 109
12 G・フィジケラ フォースインディア 01:20.764 76
13 小林 可夢偉 トヨタ 01:22.060 55
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

F1ヘレステスト1日目

 キミ・ライコネンは月曜日のヘレステストでファステストラップを記録した。
ライコネンは59周を走行して1分19秒856のタイムをマークし、コンマ3秒差でフェリペ・マッサが続いた。
3番手にはペドロ・デ・ラ・ロサ、4番手にはセバスチャン・ヴェッテルが入った。
3日間のヘレステスト初日はウェットコンディションの下で始まったが次第に乾いていった。
日曜日に同じヘレスで新車TF108のシェイクダウンを行ったトヨタは、この新車を月曜日に正式にトラックデビューさせた。
「今日の主な目標は、新車がどのような動きをするのか、変更に対してどのような反応を示すのか情報とデータを得ることだった。
ウェットでもドライでもその目標を達成できたよ」と、トヨタのパスカル・ヴァセロンは語った。
今回のテストで2008年用マシンを使用したのは、ライコネン、マッサ、デ・ラ・ロサ、ヘイッキ・コヴァライネン、ヤルノ・トゥルーリの5人だった。
テストは火曜日も引き続き行われる。
ヘレス - スペイン 14 01 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time Laps
1 K・ライコネン フェラーリ 01:19.846 59
2 F・マッサ フェラーリ 01:20.123 42
3 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:20.548 54
4 S・ヴェッテル トロロッソ 01:20.732 40
5 H・コヴァライネン マクラーレン 01:20.936 48
6 S・ボーデ トロロッソ 01:20.997 47
7 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:21.143 47
8 J・トゥルーリ トヨタ 01:21.314 84
9 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:21.696 41
10 D・クルサード レッドブル 01:21.746 49
11 V・リウッツィ フォースインディア 01:23.035 44
12 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:23.134 42
13 T・グロック トヨタ 01:24.351 56
14 J・ロジッター スーパー アグリ 01:34.862 10
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

F1ヘレステスト4日目

金曜日に最終日を迎えたヘレステストは、トロロッソのセバスチャン・ヴェッテルがファステストラップを記録した。
スリックタイヤを履いたヴェッテルは1分18秒213のタイムでトップに立ち、ミハエル・シューマッハは4位でセッションを終えた。
彼は2009年用の空力パッケージとスリックタイヤの組み合わせのクルマを走らせた。
金曜日に4日目を迎えたヘレステストは今年最後のテストとなった。
11チームが火曜日からテストを開始し、金曜日はマクラーレンとルノーを除いた9チームがセッションを行った。
マルコ・アスマーはロベルト・クビサとともにBMWチームでテストを行い、80周を走行した。
フォースインディアではギード・ファン・デル・ガルテとロルダン・ロドリゲスがスリックタイヤを使わずにテストを行い、タイムシートの最下位となった。
ヘレス - スペイン 7 12 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 S・ヴェッテル トロロッソ 01:18.213 100
2 R・クビサ BMW 01:18.410 119
3 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:18.796 97
4 M・シューマッハ フェラーリ 01:19.136 58
5 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:19.611 76
6 T・グロック トヨタ 01:19.961 58
7 F・マッサ フェラーリ 01:20.000 45
8 S・ボーデ トロロッソ 01:20.033 87
9 J・トゥルーリ トヨタ 01:20.229 69
10 D・クルサード レッドブル 01:20.657 72
11 A・デビッドソン スーパー アグリ 01:20.821 102
12 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 01:21.092 84
13 M・アスマー BMW 01:21.333 80
14 G・ファン・デル・ガルデ フォースインディア 01:22.321 81
15 ロルダン・ロドリゲス フォースインディア 01:22.508 82
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

F1ヘレステスト3日目

木曜日に行われたヘレステスト3日目は、ロベルト・クビサがファステストラップを記録した。
彼は87周を走行し1分19秒157のタイムでトップに立ち、ルイス・ハミルトンとフェリペ・マッサが彼に続いた。
ラルフ・シューマッハはフォースインディアでのテストを完了させたが、彼は最下位に終わっている。
3日目を迎えたへレステストは引き続き快晴の天候だった。
スペインでは祝日だったため、セッションには17000人のファンが詰めかけた。
この日は数回の赤旗によりセッションが中断した。
午前はセバスチャン・ヴェッテルがヘアピンのターン6でスピンを喫し、その直後にはラルフがメインストレートの先でメカニカルトラブルによりクルマを止めた。ラルフは午後もスピンを喫して赤旗の原因を作っている。
午後になると気温は22℃まで上昇した。
ウィリアムズの中嶋一貴はエンジンブローを起こしてセッションは中断となった。
他にも佐藤琢磨とニック・ハイドフェルドがスピンを喫している。
ミハエル・シューマッハは午後にスリックタイヤを履かせた2009年用の空力パッケージをテストし、67周を走行した。
ヘレス - スペイン 6 12 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 R・クビサ BMW 01:19.157 87
2 L・ハミルトン マクラーレン 01:19.331 64
3 F・マッサ フェラーリ 01:19.333 68
4 M・ウェーバー レッドブル 01:19.605 63
5 T・グロック トヨタ 01:19.687 40
6 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:19.787 75
7 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:19.834 90
8 M・シューマッハ フェラーリ 01:19.885 67
9 R・バリチェロ ホンダ 01:19.905 89
10 N・ハイドフェルド BMW 01:20.125 87
11 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:20.301 65
12 S・ヴェッテル トロロッソ 01:20.339 56
13 S・ボーデ トロロッソ 01:20.507 55
14 J・トゥルーリ トヨタ 01:20.775 99
15 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:20.802 39
16 L・フィリッピ スーパー アグリ 01:20.915 83
17 D・クルサード レッドブル 01:21.055 62
18 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 01:21.093 79
19 V・リウッツィ フォースインディア 01:21.194 76
20 R・シューマッハ フォースインディア 01:21.853 71
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

F1ヘレステスト2日目

水曜日のヘレステスト2日目は、マクラーレンのルイス・ハミルトンがファステストラップを記録した。
彼は73周を走行して1分19秒371のタイムを記録し、その後ろにはデビッド・クルサードとフェラーリのフェリペ・マッサとキミ・ライコネンが続いた。
水曜日のヘレスは再び完璧なコンディションとなった。
気温20℃で雲一つない天気の下、11チームが来シーズンに向けて準備を行った。
セッションは数回の赤旗により中断した。
午前はネルソン・ピケ・ジュニアとハミルトンがスピンを喫して赤旗となり、ニック・ハイドフェルドとセバスチャン・ヴェッテルはトラック上にクルマを停止させて赤旗の原因を作った。
午後はマーク・ウェーバーがメカニカルトラブルのためにトラック上にマシンを止め、ニコ・ロズベルグはピットレーン出口でクルマを止めて赤旗となった。
木曜日はミハエル・シューマッハが再びF1テストに帰ってくる予定だ。
ヘレス - スペイン 5 12 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 L・ハミルトン マクラーレン 01:19.371 73
2 D・クルサード レッドブル 01:19.421 80
3 F・マッサ フェラーリ 01:19.761 97
4 K・ライコネン フェラーリ 01:19.779 87
5 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:19.887 62
6 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:19.982 71
7 C・クリエン フォースインディア 01:20.187 86
8 S・ヴェッテル トロロッソ 01:20.398 57
9 G・フィジケラ フォースインディア 01:20.470 102
10 R・クビサ BMW 01:20.487 118
11 T・グロック トヨタ 01:20.523 54
12 S・ボーデ トロロッソ 01:20.533 75
13 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:20.671 66
14 A・ツバー スーパー アグリ 01:20.897 109
15 M・ウェーバー レッドブル 01:20.944 41
16 N・ハルケンベルグ ウィリアムズ 01:21.068 67
17 A・デビッドソン スーパー アグリ 01:21.076 74
18 R・バリチェロ ホンダ 01:21.184 103
19 小林 可夢偉 トヨタ 01:21.699 118
20 N・ハイドフェルド BMW 01:22.875 93
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。