F1グッズ

2007年12月05日

F1ヘレステスト1日目

火曜日に行われたヘレステスト初日は、ニック・ハイドフェルドがペースを握った。
1分19秒042のファステストラップを記録したハイドフェルドはジェンソン・バトンにコンマ1秒の差をつけ、ペドロ・デ・ラ・ロサにはコンマ7秒差となった。
この日のテストには20人のドライバーが参加し、トラクションコントロールなどのドライバーエイドが禁止された2008年のレギュレーションに対応するためにテストを重ねた。
久し振りにフェラーリのステアリングを握ったキミ・ライコネンは4番手のタイムを記録し、トップから1秒遅れのペースだった。ルノーのレースシートを狙うネルソン・ピケ・ジュニアは5番手だった。
6番手には印象的な走りを見せたトロロッソのセバスチャン・ボーデが入り、マクラーレンのゲイリー・パフェ、レッドブルのマーク・ウェーバー、フェラーリのマルク・ジェネ、そしてスーパーアグリをテストしたマイク・コンウェイが続いた。
トヨタデビューを果たしたティモ・グロックは69周を走行して13位に入り、初めてフォースインディアのマシンを走らせたジャンカルロ・フィジケラは14位となった。
フォースインディアではフランク・モンタニーもテストを行い、彼は16位でセッションを終え
ウィリアムズからF1デビューを果たしたニコ・ハルケンベルグは15位となっている。
テストは水曜日も継続され、ルイス・ハミルトンがトラックに戻ってくる予定だ。
ヘレス - スペイン 4 12 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 N・ハイドフェルド BMW 01:19.042 78
2 J・バトン ホンダ 01:19.155 65
3 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:19.712 48
4 K・ライコネン フェラーリ 01:20.083 73
5 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:20.366 66
6 S・ボーデ トロロッソ 01:20.615 97
7 G・パフェ マクラーレン 01:20.638 50
8 M・ウェーバー レッドブル 01:20.682 65
9 M・ジェネ フェラーリ 01:20.832 67
10 M・コンウェイ スーパー アグリ 01:20.927 87
11 S・ヴェッテル トロロッソ 01:21.086 45
12 J・ロジッター スーパー アグリ 01:21.246 71
13 T・グロック トヨタ 01:21.336 69
14 G・フィジケラ フォースインディア 01:21.424 41
15 N・ハルケンベルグ ウィリアムズ 01:21.556 28
16 F・モンタニー フォースインディア 01:21.559 65
17 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:21.586 33
18 M・アスマー BMW 01:21.962 53
19 小林 可夢偉 トヨタ 01:22.186 111
20 J・ヴィラ BMW 01:22.503 57
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

F1バルセロナテスト3日目

最終日となったバルセロナテストは、フェラーリのフェリペ・マッサがタイムシートのトップに立った。
2番手にはルノーのヘイッキ・コヴァライネン、3番手にはトヨタのフランク・モンタニーが入った。
木曜日のカタルーニャサーキットは快晴となり、3日間のテストが締めくくられた。
トップ3の後にはセバスチャン・ヴェッテルとデビッド・クルサードが続いた。
この日のテストでは、クビサ、バドエル、トゥルーリ、モンタニー、ボーデ、クリエンが原因となった10回の赤旗が振られた。
どのドライバーも深刻な事故ではなかったが、他のドライバーの走行を妨げてしまったのは確かだ。
次回のテストは12月4日からヘレスで行われる。
カタロニア - スペイン 15 11 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ ime Laps
1 F・マッサ フェラーリ 01:21.044 92
2 H・コヴァライネン ルノー 01:21.136 82
3 F・モンタニー トヨタ 01:21.363 85
4 S・ヴェッテル トロロッソ 01:21.486 67
5 D・クルサード レッドブル 01:21.555 82
6 L・バドエル フェラーリ 01:21.741 74
7 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:21.805 33
8 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:21.820 69
9 S・ボーデ トロロッソ 01:21.939 84
10 G・パフェ マクラーレン 01:22.070 31
11 N・ハイドフェルド BMW 01:22.460 53
12 R・クビサ BMW 01:22.706 52
13 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:23.039 126
14 J・トゥルーリ トヨタ 01:23.064 52
15 C・クリエン フォース・インディア 01:23.084 83
16 J・バトン ホンダ 01:23.118 96
17 V・リウッツィ フォース・インディア 01:23.206 92
18 M・コンウェイ ホンダ 01:23.729 72
19 J・ロジッター スーパー アグリ 01:23.931 61
20 R・ドーンボス レッドブル 01:24.102 61
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

F1バルセロナテスト2日目

水曜日に行われたバルセロナテスト2日目は、ミハエル・シューマッハが再びファステストラップを記録した。
彼は他のドライバーよりも速く、マクラーレンのペドロ・デ・ラ・ロサを抜いてトップに立った。
2日目となった水曜日は21人のドライバーがスペインのトラックでマイレージを稼いだ。
フォース・インディアではクリスチャン・クリエンとヴィタントニオ・リウッツィが1台のクルマをシェアしながらテストを行い、レギュラードライバーのエイドリアン・スーティルがもう1台のクルマでテストを行った。
クリエンとリウッツィはいずれも来シーズンのシートを獲得しておらず、フォース・インディアとの契約を狙っている。
ホンダではルカ・フィリッピが久しぶりのF1走行を楽しんだ。
今シーズンはGP2シリーズに参戦していたフィリッピは2005年にミナルディを数マイル走らせたことがあるが、テストを1日完了させたのは初めてだった。
カタロニア - スペイン 14 11 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 M・シューマッハ フェラーリ 01:21.489 90
2 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:21.857 60
3 H・コヴァライネン ルノー 01:21.894 65
4 F・マッサ フェラーリ 01:22.044 56
5 G・パフェ マクラーレン 01:22.293 57
6 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:22.333 64
7 D・クルサード レッドブル 01:22.555 74
8 N・ハイドフェルド BMW 01:22.946 102
9 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:23.031 77
10 S・ヴェッテル トロロッソ 01:23.187 74
11 K・チャンドホック レッドブル 01:23.255 57
12 J・バトン ホンダ 01:23.358 79
13 J・トゥルーリ トヨタ 01:23.465 54
14 R・クビサ BMW 01:23.488 37
15 A・デビッドソン スーパー アグリ 01:23.547 80
16 L・フィリッピ ホンダ 01:23.596 74
17 S・ボーデ トロロッソ 01:23.753 72
18 F・モンタニー トヨタ 01:23.977 45
19 C・クリエン フォース・インディア 01:24.446 56
20 A・スーティル フォース・インディア 01:24.537 105
21 V・リウッツィ フォース・インディア 01:24.555 55
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

F1バルセロナテスト1日目

 ミハエル・シューマッハがF1に戻ってきた。
7度のワールドチャンピオンはF1に戻るや否やそのやり方を今も覚えていることを証明した。
彼は火曜日のテストで最速タイムを記録し、その後ろにはチームメイトのルカ・バドエルが続いた。
F1の11チーム全てがカタルーニャサーキットで2008年シーズンに向けた準備を開始した。
フォース・インディアは、ロルダン・ロドリゲスとギード・ファン・デル・ガルデが新しい装いのマシンを駆ってテスト初日を完了させた。
レッドブルのテストに参加したカルン・チャンドホックは初めてのF1走行を完了させた。
チームは彼をテストに招き、2日間に渡って作業を行うことになっている。
ホンダではアンドレアス・ツバーがF1デビューを果たした。
彼は2008年のホンダの公式テストドライバーを目指している。
テスト初日は数回の赤旗により中断となった。
フォース・インディアのファン・デル・ガルデは2回も赤旗の原因を作り、チームメイトのロドリゲスも1回の赤旗中断を引き起こした。
トロロッソのセバスチャン・ボーデはギアボックスのトラブルにより赤旗を出している。
ヤルノ・トゥルーリはエンジンブローで止まってしまった。
しかし、この日に注目をあびたのは7度のワールドチャンピオンのシューマッハだった。
彼は1年ぶりにF1に復帰し、今もペース衰えないことを証明した。
彼はファステストラップを記録している。
カタロニア - スペイン 13 11 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 M・シューマッハ フェラーリ 01:21.922 64
2 L・バドエル フェラーリ 01:22.129 76
3 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:22.687 63
4 H・コヴァライネン ルノー 01:22.802 81
5 R・クビサ BMW 01:22.883 56
6 G・パフェ マクラーレン 01:23.008 46
7 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:23.187 66
8 D・クルサード レッドブル 01:23.332 55
9 J・トゥルーリ トヨタ 01:23.624 46
10 N・ハイドフェルド BMW 01:23.671 75
11 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:23.847 58
12 F・モンタニー トヨタ 01:23.861 61
13 S・ヴェッテル トロロッソ 01:24.048 77
14 A・ツバー ホンダ 01:24.065 77
15 S・ボーデ トロロッソ 01:24.193 51
16 A・デビッドソン スーパー アグリ 01:24.246 70
17 J・ロジッター ホンダ 01:24.480 69
18 K・チャンドホック レッドブル 01:24.896 39
19 G・ファン・デル・ガルデ フォース・インディア 01:25.317 84
20 ロルダン・ロドリゲス フォース・インディア 01:26.973 87
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

F1ヘレステスト3日目

マクラーレンF1チームは、シーズン最後の3戦に向けて準備万端のようである。
テスト最終日となった木曜日、マクラーレンのテストドライバーのペドロ・デ・ラ・ロサは68周を大きなトラブルもなく走破し、この日の最速ラップを記録した。
木曜日は、南スペインのヘレスサーキットで行われているテストの3日目であり、最終日でもあった。
9チームがヘレスで3日間のテストを行い、今週末の日本GPに備えた。
マクラーレンとフェラーリが、今シーズンずっとそうであったように、今回もファステストラップをマークした。
ヘレス - スペイン 20 09 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:19.617 68
2 L・バドエル フェラーリ 01:19.656 68
3 M・ウェーバー レッドブル 01:20.067 42
4 N・ハイドフェルド BMW 01:20.184 94
5 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:20.655 120
6 J・バトン ホンダ 01:20.831 66
7 J・トゥルーリ トヨタ 01:21.621 77
8 S・ヴェッテル トロロッソ 01:21.626 82
9 J・ロジッター スーパー アグリ 01:21.663 39
10 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:22.148 57
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:44 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

F1ヘレステスト2日目

ヘレステスト2日目は、マクラーレンのペドロ・デ・ラ・ロサがファステストラップを記録した。
彼は1分19秒267たのタイムでトップに立ち、各チームは日本と中国GPに向けて準備を行っていた。
晴れたヘレスでは水曜日もテストが継続され、スーパーアグリとスパイカーを除いた9チームが参加した。
レッドブルのマーク・ウェーバーはテストドライバーのセバスチャン・ブエミから作業を引き継ぎ、BMWのティモ・グロックはレギュラードライバーのニック・ハイドフェルドにステアリングを託した。
ホンダチームではジェンソン・バトンがテストに加わり、トロロッソは引き続きリウッツィがテストを担当し、セバスチャン・ヴェッテルが午後から作業を引き継いだ。
ヘレス - スペイン 19 09 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:19.267 70
2 M・ウェーバー レッドブル 01:19.947 106
3 L・バドエル フェラーリ 01:20.249 69
4 N・ハイドフェルド BMW 01:20.318 103
5 V・リウッツィ トロロッソ 01:20.318 47
6 J・バトン ホンダ 01:20.624 74
7 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:20.804 111
8 R・シューマッハ トヨタ 01:21.101 76
9 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:21.608 31
10 S・ヴェッテル トロロッソ 01:21.863 10
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:50 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

F1ヘレステスト1日目

 BMWザウバーF1チームのテストドライバーのティモ・グロックが、火曜日に行われたヘレステストの初日に最速タイムを記録した。
ドイツ人であるグロックは、スペインのサーキットでレース距離を走破し、来る日本GPに向けた準備を行った。
火曜日はヘレスで行われる3日間のテストの初日で、絶好の天候のもと、テストが行われた。ネルソン・ピケ・ジュニアはドライバーエイドのない2008年仕様のルノーのクルマを集中的にテストした。
午後になって彼のクルマは技術的なトラブルに見舞われたため、走行できなくなった。
「今日ドライブできるのをとても楽しみにしていたんだよ。
特に今週は毎日クルマに乗れるからね。
僕がこのチームに加入してから、こんなチャンスが巡ってきたのは初めてだよ」と彼は語った。
フェラーリではテストドライバーのルカ・バドエルが36周を走行した。
彼は2008年用の電気システムのテストを行った。
ヘレス - スペイン 18 09 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 T・グロック BMW 01:20.606 71
2 V・リウッツィ トロロッソ 01:21.280 90
3 S・ブエミ レッドブル 01:21.309 59
4 F・モンタニー トヨタ 01:21.555 72
5 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:21.651 46
6 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:22.009 63
7 R・バリチェロ ホンダ 01:22.020 79
8 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:23.177 87
9 L・バドエル フェラーリ 01:23.432 36
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 21:46 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

F1モンツァテスト4日目

最終日となったモンツァテストはペドロ・デ・ラ・ロサがファステストラップを記録し、マクラーレンがウェットコンディションとなったセッションを再びリードした。
木曜日のセッションが雨により中断となったため、テストは1日延長されて金曜日までとなった。
9チームがモンツァに届まったが、この日も午前中に雨に見舞われてしまった。
昼休みが終わるとサーキットは乾いて気温も上がった。
デ・ラ・ロサはトップタイムを記録したが、わずか0.004秒差でフェラーリのフェリペ・マッサが続いた。
ロベルト・クビサはトップからコンマ3秒差で3位となり、BMWのペースを証明した。
赤旗による中断は終盤にヴィタントニオ・リウッツィとラルフ・シューマッハがコース上にクルマを止めたときのみだった。
その他にテストを行っていたチームは、ホンダ、ウィリアムズ、トロロッソ、トヨタ、レッドブル、スーパーアグリだった。
モンツァサーキット - イタリア 31 08 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:23.285 55
2 F・マッサ フェラーリ 01:23.289 67
3 R・クビサ BMW 01:23.575 68
4 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:23.962 94
5 J・バトン ホンダ 01:24.537 61
6 V・リウッツィ トロロッソ 01:24.760 79
7 R・シューマッハ トヨタ 01:24.837 39
8 D・クルサード レッドブル 01:25.185 69
9 A・デビッドソン スーパー アグリ 01:25.416 104
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 21:09 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

F1モンツァテスト3日目

モンツァテスト3日目は、昨晩から午前にかけて雨が降ったにもかかわらず、マクラーレンのフェルナンド・アロンソが再びトップタイムを記録した。
アロンソは後続のロベルト・クビサとデビッド・クルサードに約1秒の差をつけた。
雨は昼食時にあがり、午後の中盤までにはトラックは乾いた。
雨による中断で、複数のチームは失われた時間を取り戻すために金曜日までモンツァにとどまることになった。
フェリペ・マッサは4位となったが、この日の終盤にクルマを止めている。
クビサもまた終盤にトラック上にクルマを止めて、赤旗の原因を作った。
5位にはトロロッソのヴィタントニオ・リウッツィが入り、ジェンソン・バトン、ニコ・ロズベルグ、ジャンカルロ・フィジケラ、ラルフ・シューマッハが続いた。
Bスペックカーを使用した山本左近は10位となり、アンソニー・デビッドソンが続いた。
モンツァサーキット - イタリア 30 08 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 F・アロンソ マクラーレン 01:23.490 51
2 R・クビサ BMW 01:24.413 48
3 D・クルサード レッドブル 01:24.453 52
4 F・マッサ フェラーリ 01:24.525 49
5 V・リウッツィ トロロッソ 01:24.768 40
6 J・バトン ホンダ 01:24.918 61
7 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:24.983 45
8 G・フィジケラ ルノー 01:25.069 71
9 R・シューマッハ トヨタ 01:26.175 72
10 山本 左近 スパイカー 01:26.384 72
11 A・デビッドソン スーパー アグリ 01:35.106 47
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:29 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

F1モンツァテスト2日目

モンツァテスト2日目は、この日からテストに参加したフェルナンド・アロンソが少ない周回数にもかかわらずファステストラップを記録した。
アロンソは午後からルイス・ハミルトンの作業を引継ぎ、ハミルトンよりコンマ3秒速いタイムでトップに立った。
3番手にはBMWのニック・ハイドフェルドが入った。
この日のモンツァは午後ににわか雨があったものの、それ以外はいい天気だった。
セッションは数回の中断があり、午前はレッドブルのマーク・ウェーバーがトラック上にクルマを止め、昼食時はスーパーアグリの佐藤琢磨がクルマを止めた。
4番手に入ったトヨタのヤルノ・トゥルーリは更なるペースを示し、次のイタリアGPに向けて準備を整えている。
キミ・ライコネンは5位にとどまり、トップのアロンソよりコンマ6秒遅れだった。
ルノー、トロロッソ、ウィリアムズ、ホンダ、スパイカーもテストに参加し、テストは明日も続けられる予定だ。
モンツァサーキット - イタリア 29 08 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 F・アロンソ マクラーレン 01:23.155 49
2 L・ハミルトン マクラーレン 01:23.454 49
3 N・ハイドフェルド BMW 01:23.725 84
4 J・トゥルーリ トヨタ 01:23.759 61
5 K・ライコネン フェラーリ 01:23.773 59
6 H・コヴァライネン ルノー 01:23.773 59
7 S・ヴェッテル トロロッソ 01:24.266 101
8 A・ブルツ ウィリアムズ 01:24.356 70
9 C・クリエン ホンダ 01:24.595 92
10 M・ウェーバー レッドブル 01:24.701 83
11 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 01:24.976 80
12 A・スーティル スパイカー 01:25.278 76
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:56 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

F1モンツァテスト1日目

ルイス・ハミルトンはトルコGPの痛手から立ち直り、今週のモンツァテストの初日に最速タイムを記録した。
このテストにはほぼ全チームが参加し、2週間後のローダウンフォースのイタリアGPに向けた準備を始めている。
キミ・ライコネンが2番手で、ハミルトンからわずか0.1秒遅れ、BMWのニック・ハイドフェルドがその0.02秒後の3番手につけた。
ヤルノ・トゥルーリが4番手だった。
ウィリアムズ、トロロッソ、ルノー、ホンダ、レッドブル、スーパーアグリもテストに参加していたが、とくに大きな出来事はなかった。
天気はよかったが、午後遅い時間になって雨が降り始めた。
テストは明日も引き続き行われる。
モンツァサーキット - イタリア 28 08 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 L・ハミルトン マクラーレン 01:24.112 53
2 K・ライコネン フェラーリ 01:24.258 60
3 N・ハイドフェルド BMW 01:24.277 76
4 J・トゥルーリ トヨタ 01:24.523 61
5 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:25.052 98
6 S・ヴェッテル トロロッソ 01:25.106 63
7 M・ウェーバー レッドブル 01:25.427 60
8 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:25.429 94
9 R・バリチェロ ホンダ 01:25.472 83
10 J・ロジッター スーパー アグリ 01:25.548 64
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 21:41 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

F1ヘレステスト3日目

最終日となったヘレステストは、ウィリアムズのアレクサンダー・ブルツがファステストラップを記録した。
これまでの2日間はマクラーレンがトップに立っていたが、最終日はウィリアムズがペースを見せた。
ブルツの後ろにはロベルト・クビサ、ペドロ・デ・ラ・ロサ、ルーベンス・バリチェロが続いた。
テストは木曜日も再び暑い環境の中で継続された。
トヨタのヤルノ・トゥルーリはこの暑い気温に満足していないようで、「路面温度が非常に高かったためにデータを集めるのがとても難しかったよ。
ハンガリーGPも非常に暑いことが予想されるため、少しでも多くのデータを集めようとしたんだ」と語っていた。
この日はほとんどのチームがハンガリーGPに向けた空力の作業を行っていた。
次回のテストは8月末にイタリアのモンツァで行われる予定だ。
ヘレス - スペイン 26 07 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 A・ブルツ ウィリアムズ 01:19.962 86
2 R・クビサ BMW 01:20.004 92
3 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:20.220 111
4 R・バリチェロ ホンダ 01:20.250 86
5 S・ブエミ レッドブル 01:20.318 68
6 J・トゥルーリ トヨタ 01:20.377 70
7 H・コヴァライネン ルノー 01:20.828 64
8 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 01:21.186 108
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 21:11 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

F1ヘレステスト2日目

 水曜日のヘレステストでは、マクラーレンのハミルトンがファステストタイムを記録した。
マクラーレンは火曜日にもテストドライバーのペドロ・デ・ラ・ロサが余裕のトップタイムを記録しており、現在のチャンピオンシップリーダーが今日はマクラーレンの速さを証明した。
水曜日も南スペインでのテストが引き続き行われた。
BMWザウバーはヘレスで2日間のみテストを行っており、今日からテストに加わった。
ロベルト・クビサが参加し、ハンガリーGPに向けたセットアップと、システムの開発を行った。
マクラーレンチームは、ハンガリーGPに向けて準備万端であるように見える。
ルイス・ハミルトンがハンドルを握り、チームはセットアップと空力のプログラムを行い、暑く埃っぽいサーキットでのレースに備えた。
レッドブルでは、セバスチャン・ブエミが火曜日にF1での初テストを楽しんだが、今日はレギュラードライバーのマーク・ウェーバーがクルマに乗り込んだ。
ウェーバーは空力のテストを集中的に行い、またメカニカルセットアップの変更も担当した。
また、彼はチームとともに2008年のレギュレーションに向けた準備も行った。
木曜日にはまたブエミがテストを担当することになっている。
ヘレス - スペイン 25 07 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time Laps
1 L・ハミルトン マクラーレン 01:19.670 90
2 R・シューマッハ トヨタ 01:20.540 73
3 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:20.588 85
4 R・クビサ BMW 01:20.709 104
5 H・コヴァライネン ルノー 01:20.881 104
6 M・ウェーバー レッドブル 01:21.071 77
7 J・ロジッター スーパー アグリ 01:21.315 95
8 R・バリチェロ ホンダ 01:21.444 80
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 21:17 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

F1ヘレステスト1日目

南スペインのヘレスで行われている3日間のテストの初日となった今日、マクラーレンのペドロ・デ・ラ・ロサが最速タイムを記録した。
デ・ラ・ロサは1分20秒111で、ほかのドライバーに1秒以上の差をつけて初日のトップに立った。
セバスチャン・ブエミが今回初めてレッドブルから参加し、F1テストでの初ドライブを楽しんだ。
ヘレスでは、火曜日の朝からテストが始まり、何チームかはすでに来シーズンに向けたテストを行っている。
トヨタはフランク・モンタニーがテストに参加し、来シーズンはトラクションコントロールが禁止されるのを見据えて、トラクションコントロールのないクルマを使ったテストを行った。
モンタニーは今日のテストについて次のように語った。
「今日は大部分を、2008年に向けた準備としてトラクションコントロールのないクルマで走ったよ。
これだとクルマがとてもすべるんだけど、有効なラップを重ねて、進むべき方向性を見つけることができたよ。
今週は、ブレーキやほかのシステムも含めたスタートの改善にも取り組んでいるよ。
それだけに今日は充実した1日だったし、手ごたえもあったよ」
レッドブルからは新顔がF1に初登場している。
18歳のセバスチャン・ブエミだ。
彼はF3ユーロシリーズのドライバーで、ミハエル・アメルミューラーの代役としてこのテストに参加した。
彼は78周を走行し、1分22秒565のベストタイムを記録した。
ブエミは規程の周回数を達成したので、レッドブルは彼のスーパーライセンス発給を申請することができる。
これにより、レッドブルが望めば、ブエミはグランプリウィークエンドにクルマを走らせることができる。
各チームは水曜日にも引き続きへレスでテストを行う予定である。
ヘレス - スペイン 24 07 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:20.111 69
2 F・モンタニー トヨタ 01:21.136 73
3 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:21.424 103
4 J・ロジッター スーパー アグリ 01:21.683 92
5 C・クリエン ホンダ 01:22.035 70
6 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:22.537 68
7 S・ブエミ レッドブル 01:22.565 78
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 21:05 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

F1スパ・フランコルシャンテスト3日目

木曜日のスパ・フランコルシャンテストでは、キミ・ライコネンがファステストラップを記録した。
ライコネンはフェリペ・マッサから仕事を引き継ぎ、3日間のテスト最終日に臨んだ。
ライコネンの後にはロベルト・クビサ、フェルナンド・アロンソが続き、ホンダのクリスチャン・クリエンはスパイカーのテストに参加した。
改修されたスパ・フランコルシャンのトラックで行われたテスト3日目は、湿ったトラックコンディションの元で始まった。
トラックはランチタイムまで乾くことがなく、この日の最速タイムはテスト終盤に記録された。
セッションは3回ほど中断され、フィジケラ、ウェーバー、クリエンがクルマを止めたことで赤旗の原因を作った。
クリエンはスパイカーチームとともに丸一日テストを行った。
彼は次回のヨーロッパGPに向けたデータ採集のためにチームに雇われたが、それと同時に彼はクリスチャン・アルバースの代わりのドライバーとしてチームのリストに名前が挙がっている。
スパ フランコルシャン - ベルギー 12 07 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 K・ライコネン フェラーリ 01:47.042 69
2 R・クビサ BMW 01:47.265 78
3 F・アロンソ マクラーレン 01:47.645 75
4 M・ウェーバー レッドブル 01:47.699 44
5 G・フィジケラ ルノー 01:47.724 76
6 A・ブルツ ウィリアムズ 01:48.437 91
7 J・トゥルーリ トヨタ 01:48.491 76
8 S・ボーデ トロロッソ 01:48.585 91
9 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 01:48.610 99
10 R・バリチェロ ホンダ 01:48.704 81
11 C・クリエン スパイカー 01:49.119 63
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 21:22 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

F1スパ・フランコルシャンテスト2日目

水曜日にスパ・フランコルシャンで行われたテストで、フェリペ・マッサがファステストラップを記録した。
マッサは午前中のドライのうちにファステストラップを出した。
彼はマクラーレンのフェルナンド・アロンソとルノーのヘイッキ・コヴァライネンに十分な差をつけており、スパイカーのスーティルもまたいいパフォーマンスを見せ、5番手タイムを記録している。
スパ・フランコルシャンは今日、最初は曇っていたが、まだドライだった。
しかし昼休みくらいから天気が変わり、大雨が降り始めた。
雨は時折止むこともあったが、コースはずっとウェットのままだった。
何人かのドライバーは、F1カーでスパ・フランコルシャンで走るのが初めてだった。
エイドリアン・スーティル、ヘイッキ・コヴァライネン、セバスチャン・ボーデ、ニコ・ロズベルグ、ロベルト・クビサ、アンソニー・デビッドソンは、みんな初めてのF1カーでのスパの走行を楽しんだ。
「GP2では何年か前にここでレースをしたことがあるよ。
でも初めてF1カーで走るときというのは、少し違っているものなんだ。
どんなサーキットでもね」とコヴァライネンは語った。
今日のセッションでは、午後に2回の赤旗中断があった。
1回目はフェリペ・マッサが、2回目はセバスチャン・ボーデがクルマを止めている。
スパ フランコルシャン - ベルギー 11 07 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 F・マッサ フェラーリ 01:46.698 56
2 F・アロンソ マクラーレン 01:47.012 68
3 H・コヴァライネン ルノー 01:47.754 44
4 R・シューマッハ トヨタ 01:48.534 31
5 A・スーティル スパイカー 01:48.873 49
6 D・クルサード レッドブル 01:48.915 42
7 J・バトン ホンダ 01:49.526 54
8 S・ボーデ トロロッソ 01:49.732 53
9 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:50.295 54
10 A・デビッドソン スーパー アグリ 01:52.438 56
11 R・クビサ BMW 01:55.155 32
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 21:35 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

F1スパ・フランコルシャンテスト1日目

 火曜日にスパ・フランコルシャンで行われたテスト初日は、ルイス・ハミルトンが1分46秒613を記録してトップに立った。
2番手はコンマ4秒差でBMWのロベルト・クビサが入り、3番手はフェラーリのフェリペ・マッサだった。
天候が変わりやすいことで知られているスパだが、この日はドライで比較的暖かく一貫した天気だった。
セッションは多くの赤旗により中断され、午前はルノーのネルソン・ピケ・ジュニアが、午後はレッドブルのデビッド・クルサードがクルマを止めた。
ヴィタントニオ・リウツウィはワイドに膨らんで走ったために、トロロッソのマシンの一部が吹き飛んでしまった。
ラルフ・シューマッハは4番手に入り、ピケ・ジュニア、クルサード、リウッツィ、ロズベルグが後に続いた。
その他にはスーパーアグリのロジッターとホンダのクリエンもテストに参加している。
スパイカーでは、更迭されたクリスチャン・アルバースに代わりファン・デル・ガルデがテストを担当した。
スパ フランコルシャン - ベルギー 10 07 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 L・ハミルトン マクラーレン 01:46.613 83
2 R・クビサ BMW 01:47.059 81
3 F・マッサ フェラーリ 01:47.469 65
4 R・シューマッハ トヨタ 01:47.878 70
5 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:47.996 52
6 D・クルサード レッドブル 01:48.243 55
7 J・ロジッター スーパー アグリ 01:48.287 65
8 V・リウッツィ トロロッソ 01:49.179 63
9 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:49.288 60
10 C・クリエン ホンダ 01:49.419 63
11 G・ファン・デル・ガルデ スパイカー 01:49.712 53
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 21:15 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

F1シルバーストンテスト3日目

シルバーストンテスト最終日は、フェリペ・マッサが1分20秒805のトップタイムを記録した。
フェラーリは空力の大幅なアップデートのテストを続け、マッサは2番手のニコ・ロズベルグにコンマ4秒の差をつけた。
フェルナンド・アロンソはロズベルグより0.01秒遅れの3番手となり、ルノーのテストドライバーのネルソン・ピケ・ジュニアが彼に続いた。
アロンソは、午前中にメカニックがクルマへの作業に数時間を費やしたためテストの開始が遅れてしまった。
トヨタのトゥルーリは5番手となり、コンマ2秒差でクルサードが続いた。
以下はBMWのグロック、トロロッソのスピード、スパイカーのアルバース、ファン・デル・ガルデとなっている。
- イギリス 21 06 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 F・マッサ フェラーリ 01:20.805 87
2 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:21.274 98
3 F・アロンソ マクラーレン 01:21.284 58
4 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:21.357 108
5 J・トゥルーリ トヨタ 01:21.703 70
6 D・クルサード レッドブル 01:21.933 69
7 T・グロック BMW 01:22.456 80
8 S・スピード トロロッソ 01:23.049 65
9 C・アルバース スパイカー 01:23.374 36
10 G・ファン・デル・ガルデ スパイカー 01:25.865 5
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:25 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

F1シルバーストンテスト2日目

 水曜日に行われたシルバーストンテスト2日目は、ヤルノ・トゥルーリがファステストラップを記録した。
2番手にはキミ・ライコネン、3番手にはアレクサンダー・ブルツが続いた。
テスト2日目となった水曜日も、9つのF1チームがイギリスのトラックでテストに臨んだ。
トラックは引き続きドライコンディションだったが、午後になると激しい雨が降った。
「ここはいつも非常に風が強いから、パフォーマンスがコンペティティブなのか判断するのが難しいんだ。
でも、ポジティブな1日だったよ」と、トゥルーリは語った。
「午前中はセットアップやタイヤのテストがとても上手くいき、クルマの感触もよかったよ。
昼休みにサスペンションを交換した際は時間を失ってしまったんだ。
午後に雨が降った後は1時間半しか有意義な時間を過ごせなかったよ」
レッドブルのマーク・ウェーバーにとっては厳しい1日となってしまった。
彼はクルマのトラブルが原因で何度も赤旗を出してしまった。この後、テストは木曜日も継続される。
イギリス 20 06 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 J・トゥルーリ トヨタ 01:21.420 48
2 K・ライコネン フェラーリ 01:21.548 62
3 A・ブルツ ウィリアムズ 01:21.904 64
4 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:22.018 58
5 H・コヴァライネン ルノー 01:22.119 53
6 V・リウッツィ トロロッソ 01:22.365 52
7 M・ウェーバー レッドブル 01:22.447 33
8 T・グロック BMW 01:22.481 84
9 A・スーティル スパイカー 01:23.284 72
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 22:00 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

F1シルバーストンテスト1日目

 シルバーストンテスト初日の火曜日は、トヨタのラルフ・シューマッハがペースを握った。
このところ非難を浴びているラルフはマクラーレンのペドロ・デ・ラ・ロサよりコンマ1秒速かったが、このタイムは予選のシミュレーション走行時に記録したものだった。
レッドブルのマーク・ウェーバーは3番手に入ったが、彼のクルマは午後にトラック上で止まってしまった。
フェラーリのテストドライバーのルカ・バドエルもテクニカルトラブルに見舞われ、ハイドフェルドとリウッツィも同様にトラブルを起こしている。
この日一番のアクシデントは午前中に発生した。
ウィリアムズの中嶋一貴はファイナルセクターを走行中にコースオフし、フロントウイングにダメージを負ってしまった。
2人のドライバーをテストに起用したのはスパイカーのみで、エイドリアン・スーティルとギード・ファン・デル・ガルデがテストを行った。
テスト初日は雨の予報だったが一日中降ることはなく、ドライバーたちは多くの走行を行うことができた。
3日間のテストは水曜日も継続される。
- イギリス 19 06 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 R・シューマッハ トヨタ 01:22.794 71
2 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:22.915 98
3 M・ウェーバー レッドブル 01:23.329 42
4 H・コヴァライネン ルノー 01:23.510 63
5 L・バドエル フェラーリ 01:23.768 57
6 N・ハイドフェルド BMW 01:23.841 41
7 V・リウッツィ トロロッソ 01:24.125 50
8 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:24.665 124
9 A・ヴァレス スパイカー 01:25.394 36
10 G・ファン・デル・ガルデ スパイカー 01:25.931 27
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 21:14 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

F1ポールリカールテスト4日目

 ポールリカールテスト4日目は、フェラーリのキミ・ライコネンが2日連続でファステストラップを記録した。
もしこの結果がF1チームの真のポテンシャルを表しているのなら、モナコではマクラーレンが速く、カナダではフェラーリが速いということになる。
今週のポールリカールテストでは、火曜日と水曜日はモナコ仕様のトラックで、木曜日と金曜日はモントリオール仕様のトラックでテストが行われた。
金曜日はライコネンがファステストラップを記録し、ルノーのジャンカルロ・フィジケラが僅差で2位となった。3位にはマクラーレンのペドロ・デ・ラ・ロサが入っている。
トヨタのフランク・モンタニーが4番手に続き、その後ろにはウィリアムズの中嶋一貴が続いている。
新たにスーパーアグリのテストドライバーとなったジェームズ・ロジッターはテストに合流し、131周を走るなど忙しい1日を過ごした。
彼は1分29秒869で7位となっている。
ポールリカール - フランス 18 05 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 K・ライコネン フェラーリ 01:28.624 101
2 G・フィジケラ ルノー 01:28.641 111
3 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:29.249 78
4 F・モンタニー トヨタ 01:29.312 79
5 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:29.631 100
6 D・クルサード レッドブル 01:29.834 77
7 J・ロジッター スーパー アグリ 01:29.869 131
8 A・スーティル スパイカー 01:29.869 83
9 N・ハイドフェルド BMW 01:29.978 118
10 J・バトン ホンダ 01:29.989 100
11 V・リウッツィ トロロッソ 01:29.993 56
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 22:28 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

F1ポールリカールテスト3日目

フランスのポールリカールで行われているテスト3日目は、フェラーリのキミ・ライコネンがファステストラップを記録した。
ライコネンは1分28秒833のタイムでトップに立ち、2番手にはコンマ2秒差でトロロッソのスコット・スピードが入り、人々を驚かせた。
3番手にはルノーのヘイッキ・コヴァライネンが入ったが、彼はスピードとわずか0.031秒差だった。
トラックがモナコ仕様からモントリオール仕様に変更されたため、この日に記録されたタイムは前の2日間よりもだいぶ遅いものとなった。
各チームは、カナダGPに向けて低ダウンフォースのセットアップ作業を行った。
ロベルト・クビサ、マーク・ウェーバー、トヨタのテストドライバーのフランク・モンタニーがトップ6に入ったが、トップ8までは大変拮抗したタイム争いだった。
セッションは雨によりこの日のプログラムに遅れが出たが、その他はトラブルもなく順調に進んだようだ。
ライコネンは午前中に電気系のトラブルに見舞われ、ホンダのテストドライバーのクリスチャン・クリエンはルーベンス・バリチェロに代わって午後からテストを引き継いだが、最初のラップでエンジントラブルに見舞われた。
ポールリカール - フランス 17 05 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 K・ライコネン フェラーリ 01:28.833 50
2 S・スピード トロロッソ 01:29.039 94
3 H・コヴァライネン ルノー 01:29.070 89
4 R・クビサ BMW 01:29.157 83
5 M・ウェーバー レッドブル 01:29.179 84
6 F・モンタニー トヨタ 01:29.205 66
7 A・ブルツ ウィリアムズ 01:29.359 57
8 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:29.528 95
9 R・バリチェロ ホンダ 01:30.108 71
10 J・ロジッター スーパー アグリ 01:30.235 25
11 C・クリエン ホンダ 01:30.286 113
12 C・アルバース スパイカー 01:32.245 16
13 M・ヴィンケルホック スパイカー 01:32.756 43
[GPUpdate_net]
posted by Ayrton at 22:54 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

F1ポールリカールテスト2日目

 2日目を迎えたポールリカールテストは、ルイス・ハミルトンが再びタイムシートのトップに位置することになった。
チームはこの日もモナコ仕様のクルマで走行し、ハミルトンが2日連続でトップに留まれば、フェラーリのフェリペ・マッサはハミルトンにコンマ2秒差に迫り2位となった。
3位はBMWのロベルト・クビサだった。
コンディションは火曜日ほど風が強くなく、ほぼ全てのドライバーが100周以上を走行した。
レッドブルのデビッド・クルサードは期待が持てる4位となり、スーパーアグリの佐藤琢磨が0.08秒差で5位となった。
ヘイッキ・コヴァライネンとルーベンス・バリチェロは、初めてポールリカールのコースを走った。
3度のチャンプカーチャンピオンであるセバスチャン・ボーデは再びF1テストに参加し、トロロッソのマシンを駆って10番手タイムを記録した。
ポールリカール - フランス 16 05 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 L・ハミルトン マクラーレン 01:05.614 133
2 F・マッサ フェラーリ 01:05.755 107
3 R・クビサ BMW 01:06.185 140
4 D・クルサード レッドブル 01:06.201 137
5 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 01:06.281 116
6 H・コヴァライネン ルノー 01:06.302 161
7 R・バリチェロ ホンダ 01:06.516 103
8 A・ブルツ ウィリアムズ 01:06.576 106
9 R・シューマッハ トヨタ 01:06.598 111
10 S・ボーデ トロロッソ 01:07.743 142
11 C・アルバース スパイカー 01:07.946 66
12 A・スーティル スパイカー 01:08.134 67
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 21:28 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

F1ポールリカール1日目

南フランスにあるポールリカールで火曜日に始まったテストの初日、ルイス・ハミルトンがモナコでの勝利にむけて、最速タイムを記録した。
各チームはこの曲がりくねったサーキットでテストを行っており、ハミルトンは2番手以下のドライバーを1.3秒も引き離すタイムでタイムシートのトップを飾った。
2番手はトヨタのラルフ・シューマッハで、1分06秒920、それに0.1秒遅れてルノーのテストドライバーのネルソン・ピケ・ジュニアとレッドブルのマーク・ウェーバーがつけた。
ウィリアムズのニコ・ロズベルグは5番手タイムをマークし、期待できるペースを見せた。
フェリペ・マッサは7番手だった。
この日は大きな出来事はなかったが、スーパーアグリの新しいテストドライバーのジェームズ・ロジッターがこのチームでのデビューを飾り、スコット・スピードとスパイカーのファイルーズ・ファウジーの前、9番手のタイムをマークした。
ポールリカール - フランス 15 05 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 L・ハミルトン マクラーレン 01:05.699 98
2 R・シューマッハ トヨタ 01:06.920 96
3 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:07.056 125
4 M・ウェーバー レッドブル 01:07.161 121
5 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:07.189 127
6 F・マッサ フェラーリ 01:07.271 94
7 C・クリエン ホンダ 01:07.357 115
8 T・グロック BMW 01:07.712 114
9 J・ロジッター スーパー アグリ 01:08.026 129
10 S・スピード トロロッソ 01:08.143 53
11 F・ファウジー スパイカー 01:09.443 74
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 21:39 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

F1バルセロナテスト4日目

 木曜日に最終日を迎えたバルセロナテスト4日目は、デビッド・クルサードがファステストラップを記録した。
この日は予選形式での走行を行ったが、雨により中断されてしまった。
クルサードは昼休みに激しい雨が降る前に1分21秒066のタイムを記録し、マクラーレンのペドロ・デ・ラ・ロサよりコンマ2秒速かった。
デ・ラ・ロサは、スペインGPで使用される見込みの新しいフロントウイングの評価を引き続き行っていた。
木曜日のテストでトップタイムを記録したフェリぺ・マッサは3番手でテストを終え、4番手にジャンカルロ・フィジケラ、5番手にロベルト・クビサ、6番手にラルフ・シューマッハが続いた。
ホンダのクリスチャン・クリエンは、象の耳のような形をした奇妙なウイングをフロントノーズにつけてテストを行っていた。
しかし、このウイングは苦戦が続くチームの解決策にはなっていないようで、クリエンは最下位でテストを終えている。
カタロニア - スペイン 3 05 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 D・クルサード レッドブル 01:21.066 59
2 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:21.267 58
3 F・マッサ フェラーリ 01:21.483 38
4 G・フィジケラ ルノー 01:21.876 63
5 R・クビサ BMW 01:22.098 55
6 R・シューマッハ トヨタ 01:22.359 49
7 C・クリエン ホンダ 01:22.807 80
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 21:42 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

F1バルセロナテスト3日目

 3日目となった水曜日のバルセロナテストでは、フェリペ・マッサがファステストラップを記録した。
マッサは、これまでの2日間で最速だったチームメイトのライコネンの後を引き継ぐようにタイムシートのトップに立った。
マッサはドライコンディションの中で100周以上を走行し、2位のマーク・ウェーバーをコンマ3秒上回る1分21秒506のタイムを記録した。
トヨタのヤルノ・トゥルーリがウェーバーからコンマ5秒遅れで3位となっている。
フェルナンド・アロンソのタイムに注目が集まったが、彼は引き続き月曜日から投入された新しいフロントウイングのテストを行いながら73周を走行した。
ウィリアムズは、午前中のニコ・ロズベルグのクラッシュで大破したマシンをファクトリーで修復する必要が出たため、テストを打ち切ることになった。
カタロニア - スペイン 2 05 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time Laps
1 F・マッサ フェラーリ 01:21.506 103
2 M・ウェーバー レッドブル 01:21.804 95
3 J・トゥルーリ トヨタ 01:22.309 107
4 H・コヴァライネン ルノー 01:22.378 121
5 F・アロンソ マクラーレン 01:22.579 73
6 R・クビサ BMW 01:22.653 83
7 J・バトン ホンダ 01:22.765 114
8 A・デビッドソン スーパー アグリ 01:23.027 112
9 S・スピード トロロッソ 01:23.713 96
10 C・アルバース スパイカー 01:24.870 63
11 N・ロズベルグ ウィリアムズ 00:00.000 2
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 22:51 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

F1バルセロナテスト2日目

スペインのバルセロナで行われているテスト2日目は、昨日に引き続きフェラーリのキミ・ライコネンがファステストラップを記録した。
テスト2日目はほぼ1日中雨となり、アロンソも含めた多くのドライバーが走行を控える中、ライコネンは1分30秒280のタイムでトップに立った。
あいにくの天気にも関わらず、サーキットには1万3千人もの観客が訪れていた。
ライコネンは54周を走行し、途中にスピンを喫したこともあったが、マシンにダメージを負わずに済んでいる。
2番手には30周を走ったマーク・ウェーバーが入り、彼のタイムはライコネンから1秒5遅れだった。
3番手にはルノーのヘイッキ・コヴァライネンが続いている。
ウェットコンディションによりテストは1日延長され、木曜日まで行われることになった。
今日のセッションには12人のドライバーが参加したが、各ドライバーともに残りの2日間に備えて控えめの走行を行った。
カタロニア - スペイン 1 05 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 K・ライコネン フェラーリ 01:30.280 54
2 M・ウェーバー レッドブル 01:31.752 30
3 H・コヴァライネン ルノー 01:32.149 53
4 N・ハイドフェルド BMW 01:32.175 17
5 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:32.580 45
6 R・バリチェロ ホンダ 01:32.911 44
7 J・トゥルーリ トヨタ 01:32.943 21
8 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 01:33.238 40
9 V・リウッツィ トロロッソ 01:33.323 38
10 A・スーティル スパイカー 01:35.488 11
11 S・スピード トロロッソ 01:39.560 7
12 F・アロンソ マクラーレン 00:00.000 1
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 22:49 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

F1バルセロナテスト1日目

トヨタのラルフ・シューマッハは、カタロニアサーキットで行われた今日のテストで最速タイムをマークした。
彼はフェラーリのキミ・ライコネンよりも0.5秒速かった。
そして、驚くべきことに佐藤琢磨が3番手につけている。
月曜日のテストは、カタロニアサーキットで、晴れのコンディションのなか行われた。
全11チームがこのスペインのサーキットに集結し、5月13日に開催されるスペインGPに向けた準備を行った。
スパイカーは、ギード・ファン・デル・ガルデとアドリアン・ヴァレスがテストを分担して行った。
スパイカーの若いテストドライバーたちは、2人とも経験を積むために距離を稼ぎ、スパイカーのF1カーへの理解を深めた。
カタロニア - スペイン 30 04 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 K・ライコネン フェラーリ 01:21.195 98
2 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 01:21.858 99
3 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:21.906 101
4 R・シューマッハ トヨタ 01:21.983 92
5 N・ハイドフェルド BMW 01:22.114 74
6 R・バリチェロ ホンダ 01:22.655 132
7 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:22.763 125
8 V・リウッツィ トロロッソ 01:22.771 56
9 D・クルサード レッドブル 01:22.973 47
10 A・ヴァレス スパイカー 01:23.343 44
11 G・ファン・デル・ガルデ スパイカー 01:23.466 37
12 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:24.248 43
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 21:29 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

セパンテスト3日目

セパン・インターナショナルサーキットで行われているテスト3日目は、マクラーレンのルイス・ハミルトンがファステストラップを記録した。
変わりやすい天候の元でラップタイムが限定されてしまったが、各チームはマレーシアのトラックでテストを継続した。
57周を走行したハミルトンは、1分35秒918のタイムをマークした。
マーク・ウェーバーがドライブしたレッドブルレーシングはこの日も速さを見せ、ハミルトンにコンマ2秒差に迫って2番手となった。
ラルフ・シューマッハも再びトヨタの改善されたパフォーマンスを証明し、3番手タイムとなる1分36秒700をマークした。
4番手にはトロロッソのヴィタントニオ・リウッツィが入り、人々を驚かせた。
5番手にはキミ・ライコネンからテストを引き継いだフェラーリのフェリペ・マッサが入り、6番手にはアレックス・ブルツの後を引き継いだウィリアムズのニコ・ロズベルグが入った。
7番手タイムを記録したジェンソン・バトンは92周を走行し、昨日のエンジンブローのために失った時間をうめようとしていた。
セパン - マレーシア 29 03 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 L・ハミルトン マクラーレン 01:35.918 57
2 M・ウェーバー レッドブル 01:36.138 62
3 R・シューマッハ トヨタ 01:36.700 69
4 V・リウッツィ トロロッソ 01:36.712 56
5 F・マッサ フェラーリ 01:36.947 64
6 N・ロズベルグ ウィリアムズ 01:37.070 71
7 J・バトン ホンダ 01:37.472 92
8 A・デビッドソン スーパー アグリ 01:37.606 44
9 N・ハイドフェルド BMW 01:38.551 35
10 H・コヴァライネン ルノー 01:39.654 20
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 22:57 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

F1セパンテスト2日目

 セパンテスト2日目は、フェラーリのキミ・ライコネンが制した。
ライコネンは、ロベルト・クビサが初日にマークしたタイムに約1秒の差をつけ、1分35秒268のタイムでトップに立った。
アレクサンダー・ブルツもウィリアムズのマシンで力強いペースを見せ、ライコネンにコンマ5秒まで迫って2番手となった。
3番手にはデビッド・クルサードが入り、レッドブルが改善していることを証明してみせた。
トヨタのラルフ・シューマッハも同様に改善の兆しを見せ、4番手でこの日のテストを終えている。
初日にトップに立ったロベルト・クビサは昨日ほど速くはなかったが、BMWザウバーのマシンは2回分のレース距離となる111周を走行した。
クビサは5番手に入り、その後ろにはペドロ・デ・ラ・ロサからテストを引き継いだマクラーレンのルイス・ハミルトンが続いた。
スーパーアグリの佐藤琢磨は1分36秒306のタイムで7番手となり、エンジン供給源であるホンダよりも速いタイムを記録している。
一方でホンダのルーベンス・バリチェロとジェンソン・バトンはそれぞれ8番手と10番手に入っている。
琢磨のチームメイトのアンソニー・デビッドソンは背中の怪我を負って以来初めての走行となり、11番手でテストを終えた。
ホンダとスーパーアグリは1チーム1台というテストルールにおいて2名のドライバーを走らせたが、これは1台のマシンを2人で共有したためである。
ネルソン・ピケ・ジュニアからテストを引き継いだルノーのヘイッキ・コヴァライネンは、9番手という失望的な結果に終わっている。
この日のテストでは、ラルフがスピンを喫して赤旗となった以外は大きな事故はなかった。
バリチェロのマシンがエンジンブローを起こしたが、チームのテストには影響はないようだ。
セパン - マレーシア 28 03 2007
Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time Laps
1 K・ライコネン フェラーリ 01:35.268 61
2 A・ブルツ ウィリアムズ 01:35.705 114
3 D・クルサード レッドブル 01:35.712 87
4 R・シューマッハ トヨタ 01:35.751 81
5 R・クビサ BMW 01:35.887 111
6 L・ハミルトン マクラーレン 01:36.115 69
7 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 01:36.306 63
8 R・バリチェロ ホンダ 01:36.563 36
9 H・コヴァライネン ルノー 01:36.578 86
10 J・バトン ホンダ 01:36.617 24
11 A・デビッドソン スーパー アグリ 01:37.876 39
12 S・スピード トロロッソ 01:37.910 36
13 V・リウッツィ トロロッソ 01:37.971 32
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 21:47 | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。