F1グッズ

2014年08月18日

佐藤公哉、最終戦を残しAUTO GPの今季チャンピオンを決める

8月16日〜17日、ドイツのニュルブルクリンクでAUTO GPの第7ラウンドが行われ、佐藤公哉(ユーロノバ)が土曜のレース1で優勝、日曜のレース2で3位に入り、2014年のAUTO GPチャンピオンを獲得した。
 2010年まで全日本F3を戦った後、11年からヨーロッパに渡りユーロF3、ドイツF3を戦った佐藤は、2013年からAUTO GPに参戦。今季はGP2参戦と並行して、昨年惜しくも取り逃したAUTO GPタイトル獲得を目指していた。
 シーズン序盤から表彰台の常連として選手権を優位に戦っていた佐藤は、DTMドイツツーリングカー選手権と併催となったニュルブルクリンクでの第7ラウンドでレース1を制すと、17日のレース2でも3位表彰台を獲得。ランキング2位のタマス・パル-キス(バーチュオシ)が優勝したものの、最終戦エストリルを残し、今季のチャンピオンを決めた。
「本当に嬉しいです。昨年はチャンピオンを逃しているのでなおさらですね」とレース後の記者会見で佐藤は喜びのコメントを残した。すでにザウバーF1のテストドライブをこなしている佐藤は、この後、調子を上げてきているGP2の残りシーズンでアピールしていくことになる。
posted by Ayrton at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐藤公哉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

ザウバーからF1初テスト決定の佐藤公哉

2日、ザウバーF1チームから7月17〜19日に開催されるヤングドライバーテストに参加することが決まった佐藤公哉が、テスト参加への意気込みを語っている。
 23歳の佐藤はフォーミュラBMWなどヨーロッパでキャリアを積んだ後、ニッサンの若手育成プログラム、NDDPの一員としてFCJ、全日本F3のNクラスを経て再び渡欧。ユーロF3などを経て、今季はWTCC世界ツーリングカー選手権等とともに開催されているAUTO GPに参戦。今季は3勝を挙げランキング首位となっている。
 今回佐藤は、ザウバーから3日間のテストの最終日となる19日に、ザウバーC32・フェラーリをドライブする。日本人ドライバーとしては可夢偉以来のザウバーF1ドライブということで、期待も高まる。
「まず、貴重なチャンスを与えてくれたザウバーF1チームと、僕のF1テスト参加の実現に向けて力を尽くしてくれた皆さまにたいへん感謝しています」と佐藤は初テストに向けて語っている。
「F1チームにとってはシーズン途中の非常に大事な時期、しかも最新型マシンを使うという貴重なF1テストに、まだF1経験のない僕が起用され、驚きとともに嬉しさを感じています。19日には僕が丸一日、ザウバーC32フェラーリの開発を担当します。ザウバーF1チームから期待されているのかな? と思うと同時に、多少なりともプレッシャーを感じています」と佐藤。
 とは言え、今回佐藤はこのヤングドライバーテストに参加するのみで、将来に向けてはまだ何も決まっていないと推測される。しかし佐藤は、長年目標としてきたF1ドライブを前に、このきっかけを次の目標に繋げたいと語っている。
「4歳でカートレースを始めて以降、ずっと目標としてきたF1をようやく目の前にはっきりと捉えたと感じています。もちろん、僕にとってはまだ夢の途中です。今回のF1テストでは、ザウバーF1チームの期待どおり、いや期待以上の成果を残して貢献したいですし、この経験や知識を今後に活かしたいですね。そして現在参戦中のAUTO GPでタイトルを獲得し、近い将来にF1レギュラードライバーの座を手にするための足がかりにしたいと思います」
posted by Ayrton at 21:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 佐藤公哉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa